加護亜依、“残念”キャラに 「自分と似ていて愛おしい」

映画『華鬼』製作発表記者会見に出席した加護亜依 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『華鬼』製作発表記者会見に出席した加護亜依 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 タレントの加護亜依が26日、都内で行われた映画『華鬼(はなおに)』の製作発表記者会見に出席した。それぞれ目線の違う3作品が同時上映される同作。嫉妬深い性格のために同性、異性のどちらにも見向きされない“残念な女性”を演じる加護は、役柄との共通点について「“わが道を行く”というところは、私も過去にいろいろあって経験してきたからわかる気がする。自分と似ているところも愛おしい」と語った。

 PC小説として配信された原作が600万ヒットした実績を持ち、書籍化もされた同作は鬼の一族と人間の少女の恋愛を描いた学園伝奇ホラー。実写化される3作は、原作の中でも人気の高いカップル3組のストーリーに焦点が当てられている。鬼一族の頭を演じるD-BOYS荒木宏文は、物語同様勝手に自分の結婚相手が決められるとしたら「好きな人と結婚します。有無を言わさず『お前だ』と言います」と男らしく話した。

 加護は自身が演じる女性・土佐塚桃子に「実際の加護亜依に似ている部分がたくさんあって、(役に自分を)重ねられると思う」撮影前から感情移入している様子。美男美女の家系からたった1人生まれた平凡な少女で、結婚相手に捨てられ、同性からは鼻で笑われ、異性からは見向きもされないという役どころだ。その微妙な役柄を報道陣からつっこまれると「桃子ちゃんは本当に残念な子だと思う。私も今まで残念なことがいっぱいあって、それも仕方ないかなって思います」と自虐的なコメントで、笑いを誘っていた。

 会見ではキャストが浴衣姿で登場。出席者はほかに逢沢りな川村ゆきえ、村井良太、寺内康大郎監督、大橋孝史プロデューサー。映画『華鬼』は「華鬼 〜華鬼×神無」、「華鬼 〜麗二×もえぎ」、「華鬼 〜響×桃子」の3作品が同時に今秋、全国で公開予定。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube