スザンヌ、母・キャサリンの意外な饒舌ぶりにタジタジ

スザンヌファミリー(左から母・キャサリン、妹・マーガリン、スザンヌ) (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

スザンヌファミリー(左から母・キャサリン、妹・マーガリン、スザンヌ) (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 タレントのスザンヌら“スザンヌファミリー”が声優に初挑戦した劇場版アニメ『それいけ! アンパンマン だだんだんとふたごの星』の完成披露試写会イベントが28日、都内で行われ、スザンヌらが舞台あいさつに登壇。母・キャサリンの場慣れしたトークを受けスザンヌは、「私の知らない間に講演会にやっていたりするので、そこで培われたんだと思います」とその饒舌ぶりにタジタジの様子だった。

 映画『それいけ! アンパンマン』シリーズ21作目となった同作。スザンヌとマーガリン姉妹が演じる双子の星の妖精と出会ったアンパンマンが、星空の安全を守るため、敵と戦うというストーリーが展開される本編と、タレント・新山千春と長女・小春ちゃんが声優を務めた『ばいきんまんVSバイキンマン!?』が同時上映される。ステージに登壇した小春ちゃんは、新山からマイクを奪うと「(アフレコは)楽しかったです」などと、たびたび質問に回答。またイベント後の報道陣のインタビューでは、歌を歌ったり全員に手を繋がせるなど、小春ちゃんの独壇場となった。

 キャサリンはインタビューでも饒舌トークを披露し、「子育ては、終わってみたら大抵のことはたいしたことじゃなかった。(小春ちゃんくらいのときが)一番大変だったけど、今を味わってほしいと言いたい」と“先輩ママ”として新山にアドバイス。続いて報道陣から妹・マーガリンに“台本にルビ(ひらがな)がふってあったか?”と質問が飛ぶと、キャサリンと声を合わせて「ルビって何ですか?」。これにはスザンヌが「私より妹の方が頭が良いんですよー」とフォローし、“スザンヌファミリー”の結束を見せ付けていた。

 また、舞台あいさつには原作者のやなせたかしも登壇し、自己紹介の歌を披露した。劇場版アニメ『それいけ! アンパンマン だだんだんとふたごの星』は7月4日(土)より全国で公開。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube