ホントにふっくらオセロ中島、七夕の願いは「これ以上増えませんように」

映画『引き出しの中のラブレター』の製作会見に出席したオセロ中島知子 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『引き出しの中のラブレター』の製作会見に出席したオセロ中島知子 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 自身のブログで食べ過ぎで太ったと告白していたお笑いコンビ・オセロ中島知子が1日、映画『引き出しの中のラブレター』(三城真一監督)の製作会見に主演の女優・常盤貴子らとともに浴衣姿で登場。七夕にちなんで出席者それぞれが短冊に願い事をしたためたところ、中島は「これ以上増えませんように」と書いて会場の笑いを誘った。

 短冊の真相について中島は「実家の畑を荒らすイノシシ、サルが増えておりまして、リビングの椅子にサルのボスが座っていて、母があやうくお茶を出そうとした」と冗談をたたみかけた。常盤は、先月亡くなったマイケル・ジャクソンさんに「夢をありがとう」と書き記し、「気持ちを高めてもらった、上げてもらった。ありがとうということで。ご冥福をお祈りします」とスーパースターの急逝をしのんだ。

 同作は、常盤演じるラジオパーソナリティーの真生を主人公に、伝えたくても伝えられずにいる“引き出しの中の想い”を届けるラジオ番組の企画を通じて、人と人とのつながりから生まれる希望を描いた心温まるストーリー。中島が年下の彼への愛ゆえにシングルマザーの道を選択するショップオーナーを演じたほか、林遣都豊原功補八千草薫、岩尾望(フットボールアワー)が共演。10月より全国劇場公開。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube