山田まりや、ジュニア誕生は再来年!? 「兎年」出産を希望

山田まりや (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

山田まりや (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 タレントの山田まりや、俳優の草野徹夫妻と落語家の春風亭昇太が11日、東京・新宿の花園神社境内の特設テントでこの日公演初日を迎えた舞台『新宿ジャカジャカ』(21日まで開催)の本番前に報道陣の取材に応じた。山田は子作りの質問に「できれば兎年に双子を産みたい」と明かし「夫にも今の間にスッポンを食べさせて毒を出しておきたい」と笑いを誘った。

 さらに“スッポン”ネタから続けて「でも実は、ロケで一度(草野が)食べていたのですが、すごかったんですよ!」と話したことから、すかさず下ネタを連想した報道陣に対し「いやいや、汗が止まらなかっただけなんですよね」と慌てて“火消し”を行い、失笑を買うひと幕も。

 昨年2月に結婚後、夫婦で舞台での共演はこれが初めて。山田は「お湯がもったいのでセリフはお風呂で一緒に合わせてます」と今もラブラブモードを継続している様子で、この日の会見も12歳上の夫を終始リード。ジュニア誕生には、占い師の鑑定を信じて兎年を希望した。次の兎年は2011年となるが果たして。

 作品は1969年の新宿西口広場を舞台に、当時流行っていた“フォークゲリラ”を軸に青春群像劇を描く。駅員役で出演する昇太は、山田夫妻の熱々ぶりを「不愉快〜」と茶化しつつ、舞台について「昔を思い出し、切なくもある。皆が頑張っていた時代を表現する姿を見て欲しい」。高座をしばらく離れる不安については「(一席すると)儲かるので、落語は身に染みています」とご機嫌だった。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube