林家三平、イケメン落語家2連覇 結婚は「海老名家には内密で」

『イケメン落語家グランプリ表彰式2009』のイベントに出席した林家三平 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『イケメン落語家グランプリ表彰式2009』のイベントに出席した林家三平 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 女子大生が選ぶ『イケメンらくご家グランプリ』の表彰式が13日、都内で行われ、三遊亭楽太郎をはじめ各部門の1位が出席。第1回開催の昨年に続き、36歳〜49歳の部で2連覇した林家三平は、先日話題となった日本テレビ馬場典子アナウンサーとの過去の“失恋”話に触れ「結婚もそろそろ考えなきゃ。海老名家にはできるだけ内密に、自分自身で選ぶ作業に入ります」と自虐的に笑いを誘った。

 女子大生が素人の視点で発行する落語フリーマガジン『らくご☆まがじん』の人気企画で、東京で活動する落語家約430人を対象に計1950票が投票され、4年代別にグランプリが決定。イベントではランクインした落語家たちが「社会人から気にかけてもらうには」などの女子大生の恋の悩みに答えるなどし、会場を盛り上げた。

 「失恋からうまく立ち直る方法」でのトーク中、楽太郎(50歳以上の部1位)から「振られた女のメールもアドレスも消さない」と揶揄された三平はたじろぎながら「いきなり実家に連れて行くのはやめた方がいい」と自身の体験談から得た教訓をポロリ。2連覇には「(今春の襲名で)三平になってから初めての賞だ!」と喜んだ。

 圧倒的な支持で2連覇し「40年前に選ばれたかった」と残念がった楽太郎のほか、30〜35歳の部は昨年3位の三遊亭王楽が受賞。29歳以下の部は春風亭昇太の弟子・昇々が2連覇。


 林家三平


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事