「孫が出来れば何でもOK」梅宮辰夫が東尾修氏にエール

梅宮辰夫 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

梅宮辰夫 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・梅宮辰夫が、16日付の自身のブログで、俳優・石田純一とプロゴルファー・東尾理子の“真剣交際”について触れ、東尾の実父・東尾修氏に対して同じ娘を持つ父親としてエールを送った。現在、検査のため入院中の梅宮だが「サァー、東尾のお父さんどうする?」(中略)「でも、孫が出来れば何でもOKだからネ」などと自身の経験から、娘を嫁に出すことのつらさ、難しさを綴っている。

 梅宮は石田について、「あの男はけっして駄目男じゃない(と思う)。 あの顔で女に対しては、目茶優しいし、ナイーブで、異常にマメで、立ってろと言われりゃ、土砂降りの中傘もささずに一時間も立つ男だ」と石田のジェントルマンぶりを絶賛。ところが、「(東尾への愛が)本物であれば、大いに結構。その場の作りものなら、ヤバイっすョ!」と微妙な解説も付け加えている。

 娘である梅宮アンナと羽賀研二の“破局劇”や元夫との離婚などの苦い経験からか、梅宮は「男は皆、娘が可愛いからナー。手前(てめぇ)が惚れる様な男じゃないとイヤなんだョ」と、目の中に入れても痛くない愛娘を嫁に出す父親の複雑な胸中を告白。最後は東尾氏に向けて、「孫が出来れば何んでもOKだからネ」と結んでいる。




関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事