知花くらら、“噂のお相手”尾上菊之助は「良いお友達」と強調

映画『ココ・シャネル』トークイベントに出席した、知花くらら (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『ココ・シャネル』トークイベントに出席した、知花くらら (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 元ミス・ユニバース・ジャパンでモデルの知花くららが23日、都内で行われた映画『ココ・シャネル』の公開記念トークイベントに出席。劇中で展開されるシャネルが経験した“運命の出会い”について「(自分は)まだないですね。もう少ししたらあるかな〜?」と語った知花は、以前女性誌で深夜デートを報じられた歌舞伎俳優・尾上菊之助との仲を報道陣から尋ねられると、「良いお友達として、すごく素敵な方」とし、友人関係であることを強調した。

 同作はアカデミー賞女優のシャーリー・マクレーンが世界的ブランド・CHANEL創設者のココ・シャネルを演じる。1954年のパリを舞台に15年の沈黙を経て復帰コレクションを開催したシャネルの人生を描き、華やかな70着もの衣装で当時のシャネルファッションも再現する。

 シックな黒のドレスに真っ赤な口紅を引いて登場した知花は、「黒と赤はシャネルのトレードマーク」とファッションのポイントを説明。また、普段からシャネルの香水などを愛用しているという知花は、同作を観てシャネルの人生に初めて触れ「シャネルが男性に『君の情熱は何だ?』と問いかけられたときに、答えられるってなんて素敵なんだろうと思った。同じ女性として尊敬するし憧れちゃう」とすっかり魅了されていた。

 また“女性としての生き方”についてのトークでは、劇中でシャネルが27歳のときに最愛の男性からプロポーズされるというシーンと自身を重ね合わせて、同世代の知花が「もしも、すごく素敵で大好きだったら『はい、結婚します』って言っちゃうかも。・・・でもかなり悩むと思う」と実際に悩み出す一幕も。運命の出会いは「もう少ししたら」という意味深な発言については「もう27歳だし、もうそろそろ現れてもいいかなっていう意味」と煙に巻いていた。

 映画『ココ・シャネル』は8月8日(土)より全国で公開。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube