ロンブー亮、キッズ服ショーにモデル出演! チビッ子から「気持ち悪い〜」

キッズショーでモデルデビューした田村亮(C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

キッズショーでモデルデビューした田村亮(C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村亮が8日、都内で行われた子供服ファッションショー『Tokyo Top Kids Collection 2009 A/W』に、強引にキッズ服を着てモデル出演した。4〜6歳児用の衣装で“鼻垂れ”小僧のメイクでモデルを務めた亮は、ORICON STYLEの取材に応じ、「2度目のモデルだったが、今回は全部裏目に出てしまった…」とポツリ。本番直前には、女児モデルから直接ポージング指導を仰いだが「気持ち悪い〜」「ヘンなおじさん〜」と、かつては“イケメン芸人”で鳴らした容姿を全く生かせない“ダメモデル”ぶりを露呈させる結果となった。

 相方・田村淳の指令で、女装に続き“キッズモデル”8名の1人として登場した亮は、総額3万5千円の衣装をムリヤリ身につけてキャットウォークへ。関係者らの心配をよそに本番前には「大丈夫、大丈夫!」と余裕の表情を見せていたものの、いざステージから戻ってくると「ガチガチになってしまった。映像や演出もカッコ良くてショーの大きさにビックリしてしまいました」。それもそのはず、会場には一般、招待を含めたおよそ800人が集結。事前予告無しで出演したこともあり、予想以上に大きな歓声が上がり、完全にビビってしまったようだ。

 モデルの1番の仕事である“服をよく見せる”という部分に「気がそこまで回らなかった…」と、ヘコミ気味の亮。「もう、こんなメイクは絶対にしない。次、オファーがあれば絶対自分の笑顔を活かしてやりたい」と前向きなコメント。現在、5歳と1歳の2児のパパでもあるが「僕に似てビビりなので、モデルには向いてないような……でも、親子でショーに出るのは是非やってみたい!」とモデル業自体には意欲を見せた。

 今回、ブランドのテーマである「悪ふざけ」という視点から、異例のモデル起用に、ブランド関係者は「エンタメ要素もあり、アピール度は100点で言うことなし! なのですが、モデルとしては……2点ですね」とバッサリ。この模様は、今月末開催のトークライブ『論論ブーツ』で公開される予定だが、プロデューサーの淳からキツ〜イお叱りを受けることは間違いなさそうだ。


関連写真

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事