加護亜依、“ノーブラ&生パン”の過激写真集に「勘違いしないで」

“過激”写真集について心境を明かす加護亜依 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

“過激”写真集について心境を明かす加護亜依 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 “ノーブラ&生パン”姿も披露したの写真集『金曜日』(講談社)を24日に発売するタレント・加護亜依が、17日付の自身のブログで同写真集について心境を明かした。「勘違いしないでね。」のタイトルでブログを更新した加護は「ヌードになるつもりもないです。単純に”人間の芸術“=体。だと思っています」と、あくまで芸術の一環として撮影に挑んだことを説明している。

 ソロとしてシングル『no hesitAtIon』で6月に歌手デビューを飾っている加護は「芸術の一つとしてアーティストとして、決してエロ目線で作ったわけじゃないのでご了承ください」とエンタテインメントの1つであることを強調。「なんてったって私にセクシーを求めても…ないですからぁ。笑 残念!」と自虐的に綴っている。

 加護は、自身の過去の騒動をパロディ化した写真集『金曜日』で、過去に喫煙写真を掲載した写真週刊誌『フライデー』を“襲撃”。過激なカットのほかに編集部を荒らしまわる姿なども撮影。「ビートたけしさん以来かな?」と上機嫌の加護は、同誌編集長との“因縁”の対談も行っている。

⇒ 加護亜依の写真集をチェック!

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube