ユンソナ、愛息は1年経ち“ガッツ石松似から田中邦衛似へ”

初エッセイ『きらいきらい大好き』発売記念イベントを行ったユンソナ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

初エッセイ『きらいきらい大好き』発売記念イベントを行ったユンソナ (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 タレントのユンソナが2日、初エッセイ『きらいきらい大好き』発売記念イベントを都内で行った。妻として、また母として韓国と日本を行き来しながら芸能活動を行っているユンソナは、長男の成長ぶりを「今月で1歳になります。(産まれた時は)ガッツ石松さんみたいだったけど、(今は)田中邦衛さん似の優しい感じ」と、目尻を下げつつ報告した。

 マネージャー・五間岩ゆかさんと二人三脚で芸能界を歩んできた道のりを綴った同書。現チーフマネージャーとなった五間岩さんも同席する珍しい構図で報道陣のインタビューに応じたユンソナは「2人で常に頑張ってチャレンジしてきた。苦労して乗り越えた時の喜びを覚えたら、(日本デビューからの)8年はあっという間。苦労は宝物」と感慨深げに振り返った。

 家庭と仕事を両立しているユンソナは、育児について語り「まだ(息子は)歩けないけど、歩いたらもっと大変になりそう」と嬉しい悲鳴。産まれた当初は、ガッツ石松似だった息子の容姿には「ブサイクに産んだ方が、(成長に伴う顔の変化で)より感動を味わえると思う」とおちゃめに語り、報道陣の笑いを誘った。

 最後にユンソナは同書を通して「何かをやりたいけど踏み出せない人に! 小さいことでもいいからチャレンジして」と呼びかけていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube