山本裕典、叶恭子のセクシードレスにタジタジ 「目のやりどころに困る…」

『神戸コレクション2009 AUTUMN/WINTER』東京公演後の囲み取材に応じた(左から)叶美香、山本裕典、叶恭子 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『神戸コレクション2009 AUTUMN/WINTER』東京公演後の囲み取材に応じた(左から)叶美香、山本裕典、叶恭子 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の山本裕典、タレントの叶姉妹が6日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で開催されたファッションショー『神戸コレクション2009 AUTUMN/WINTER』の東京公演にゲストモデルとして出演した。イベント後の報道陣のインタビューで山本は、叶恭子のヒップを強調したドレスに「目のやりどころに困ってしまいます……。あいさつをしたときは正面を向いていて気づかなくて、楽屋で後ろ(姿を)見たらビックリしちゃって。ヤバいと思った」とタジタジの様子だった。

 山本を赤面させたセクシードレスについて恭子は「いっそのこと裸の方が良かったかしら」と微笑み、着こなしについて「着るときはお肉がはみ出さないように。肌を見せるときは中途半端に恥ずかしがらず、堂々と見せること」と大人のアドバイス。

 ファッションショーにちなんで好きな男性のファッションを問われた恭子は「裸以外でですか? 白いTシャツにジーンズか黒いスーツ。ギャップを楽しめるとか、自分の演出が楽しめる人がいいです」。続いて美香は「清潔感があればそれで」と控えめに答え、山本は「ミニスカートにロングブーツが好き。こういう場のときはいいんですけど、目のやり場に困っちゃうので。プライベートではテレちゃいます」と最後まで恭子のドレスを意識し続けていた。

 また山本は、雑誌『an・an』と同コレクションが選ぶ「女性が愛しく感じるような、可愛くて清潔な男の子=KISSしたい男」に選ばれ、イベント前に「嬉しいけど恥ずかしい。脂が乗った年になったら『抱かれたい男』に選ばれたい。30歳くらいですかね」と意気込んでいた。

【フォトギャラリー】神戸コレクション2009A/W 神戸公演(09/09/03)


 リア・ディゾン


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事