市原隼人がサプライズ出演でノリノリウォーキング 『神戸コレクション2009』

■その他の写真ニュースはこちら

 ファッションショー『神戸コレクション2009 AUTUMN/WINTER』の東京公演が6日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、シークレットゲストとして俳優の市原隼人がフィナーレ前の“大トリ”を務めた。全身でリズムを取るノリノリのウォーキングを披露した市原は終始テンション高め、クールにポーズを決めたかと思いきや客席に降りてタッチし合うなど集まった4559人のファンを熱狂させた。

 15回目を迎えた同コレクションは、記念公演テーマを「神戸な彼女の、星めぐり。」として初登場14ブランドを含む計36ブランドが出展。山本裕典、叶姉妹、木下優樹菜、吉川ひなの、マリエ、藤井リナ、長谷川潤、安藤沙耶香、土岐田麗子、高垣麗子らゲストや人気モデルがステージを盛り上げ、MAY‘S、傳田真央、May J.、Crystal Kayらアーティストがライブで花を添えた。さらにタレントのリア・ディゾン、ケンドーコバヤシらもサプライズ出演した。

 イベント後には叶姉妹と山本が報道陣のインタビューに対応。山本は、市原のウォーキングは観られなかったといい「隼人君が楽屋に入ったときにあいさつしたら、汗がビショビショになってて。『裕典久しぶり! ひと暴れしちゃったよ』って言ってた」とウォーキング後の様子を振り返った。また「楽屋であれならステージではもっとひどかった……」と言いかけたところで「もっと激しいソウルを見せていたのかな」と言い直して笑わせていた。


 リア・ディゾン


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube