大竹しのぶ、娘・IMALUは恋愛面で「ライバル」

ミュージカル『グレイ・ガーデンズ』の製作発表に出席した、大竹しのぶ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

ミュージカル『グレイ・ガーデンズ』の製作発表に出席した、大竹しのぶ (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の大竹しのぶらが30日、都内で宮本亜門演出のミュージカル『グレイ・ガーデンズ』の製作発表に出席した。お嬢様育ちで“生活術”のなかった米ケネディ元大統領夫人の叔母、その娘が荒々しいゴミ猫屋敷で破天荒な日々を送る様子を描く。女優・草笛光子 と共に1、2幕で母娘を入れ替えて演じる大竹は、母娘ネタで実娘・IMALUにも触れ「ケンカはしない。だから、ダメね。夫婦間でも(我慢して)できないから離婚しちゃったの」と明かすも、恋愛に関しては「ライバルです!」と笑いを誘った。

 大竹は「今までに見たことが無い不思議な舞台にしたい。でも、実は猫が大の苦手で…」と演出を担当する宮本に「(本物の)猫は出るの?」と不安そうに確認。すかさず「猫が演技できないでしょ!」と突っ込まれ赤面したが、IMALUの話題になると「私も母に対してそうだけど、娘も私に対しては本当の顔をみせる。疲れてたらブスっとしてるし…こうやって継いでいくんですよね」と今作同様“親子の関係”について感慨深げだった。

 また、ベテランながら劇中でみせる“半裸”衣装に話題が集まった草笛に大竹は「会った時から(いい意味で)ライバル心がありました」と本音をポロリ。これには草笛も苦笑しつつ「私は老醜をさらけだすことがこの役だと思っています」と日本の草創期からミュージカル界をリードしてきた女優らしい雰囲気を出しながら意気込んでいた。

 そのほか会見には彩乃かなみ、川久保拓司、デイビット矢野、吉野圭吾も出席した。11月7日より12月6日まで東京・シアタークリエで上演。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事