女性が“ムダに過ごしている”と感じる時間、1日平均「4.2時間」

■女性の「時間」に関する意識調査結果


 セイコーウオッチが全国の女性510名を対象に“時間”に関する意識調査を実施。「1日の理想は何時間か?」、「1番大切にしている時間は?」など生活に密着した設問が並ぶなか、「時間の使い方」については【下手】と答えた女性が57%と過半数を占めた。また「1日のうちムダに過ごしている時間」については92%の女性が【ある】と答え、その平均は【4.2時間】と1日の約2割という結果が出た。

 1日は24時間と決まっている。しかし、もしあと○時間あれば……と感じた経験は、誰にでも思い当たるのでは? 今回のアンケートでも理想の1日の長さは【25〜27時間】が16%、【28〜30時間】が34%、さらに【31時間以上】は14%と、全体の64%の人が24時間以上の長さを求めている。

 そして「24時間」では足りないと感じている理由は「24時間では会社と家の往復だけになりがち」(27歳・貿易事務)、「睡眠時間をもっと多く摂りたい」(39歳・高校教諭)、「趣味や家族との時間を増やしたい」(40歳・専業主婦)など様々だ。また、1日で一番大切にしている時間については【1人の時間】(34%)が1位となった。その他は【家族との時間】(30%)、【睡眠時間】(12%)などが挙がっている。

 しかし、その一方で「1日のなかでムダに過ごしている時間」について92%の女性が【ある】と回答し、さらにその平均は【4.2時間】。1日の中でムダに過ごしていると感じる長さと、延長したいと思っている長さの平均は、ほぼ等しいという結果が出た。仕事に追われがちな毎日でも、わずかなライフスタイルの見直しが、より1日を豊かにするのかもしれない。

【調査概要】2009年7月、セイコーウオッチ株式会社による全国の20代〜40代の女性510名を対象にしたインターネット調査。




■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube