三浦春馬、普段の自分は「ヘタレだけど、肉食系」

ドラマ『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)の制作発表会見に出席した、三浦春馬 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

ドラマ『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)の制作発表会見に出席した、三浦春馬 (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の三浦春馬が主演を務めるドラマ『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)の制作発表会見が6日、東京・汐留の同局で行われ三浦をはじめキャスト陣が出席した。いまどきの“草食系”私立高校生が、窮地に陥るとサムライに変身して問題を解決するという同作にちなんで普段の自身について問われた三浦は、悩んだ末「基本ヘタレだけど、ヘタレなりに頑張ってます。どちらかと言えば肉食系」と答え、苦笑いした。

 同作は『14才の母』(日本テレビ系)、『白い巨塔』(フジテレビ系)、『GOOD LUCK』(TBS系)などを手がけた脚本家・井上由美子氏が執筆し、普段はこれといった取り柄もなく、何事も“見て見ぬフリ”しかできないヘタレ高校生(三浦)が窮地に陥るとサムライに変身し、数々の問題を解決していくというオリジナルストーリー。

 日本テレビ系の“土曜9時枠”といえば、『金田一少年の事件簿』、『ごくせん』、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』など、学園を舞台に、個性的な主人公が活躍するヒットドラマを制作してきた。井上氏は「土曜日9時らしい学園エンターテインメントで、スカッとするドラマにしたい。侍という過去の人物が出るので、刺激的かつ新鮮なものを目指しています」と意気込んだ。

 三浦演じる主人公に好意を寄せる幼馴染み役を演じる杏 は、高校3年生という役の年齢設定について「(自身は)高校は1年までしか行っていなくて大検を取って辞めた。高3は初めて体験するのでとても楽しみにしています」とニッコリ。また劇中での三浦のタンクトップ姿からのぞく筋肉について、「この作品に入るまで舞台をやっていたので、多少なりとも鍛えられた。サムライですから脱いだときにかっこよく見せたいので、毎日気付いたときに腕立て伏せとかをしてます」と“肉食”ぶりをアピールしていた。

 会見にはほかに大後寿々花、小林涼子、市川実日子、金子ノブアキ、ミムラ、室井滋、岸谷五朗が出席。また出席予定だった城田優はインフルエンザA型を発症したため欠席した。ドラマ『サムライ・ハイスクール』は17日(土)21時より日本テレビ系で放送開始(初回は15分拡大)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube