川島海荷、初主演映画公開で「制服、脱ぐの寂しい」

映画『携帯彼氏』の公開初日舞台挨拶に登壇した川島海荷 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『携帯彼氏』の公開初日舞台挨拶に登壇した川島海荷 (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優・川島海荷の初主演映画『携帯彼氏』が24日、公開初日を迎え、東京・新宿ピカデリーでキャスト、船曳真珠監督による舞台あいさつが行われた。『恋空』『赤い糸』を生んだ携帯サイト『魔法のiらんど』で話題の同名ケータイ小説を映画化。現在、15歳の川島が女子高校生役を演じ「衝撃的だった」というスカート丈の短い制服姿が同作のトレードマーク。「スカート丈の短さにも今はだいぶ慣れてきて、明日、大阪での舞台あいさつが最後になるかも。制服を脱ぐのは寂しい気がしています」と名残惜しそうに話した。

 川島演じる里美と女優・朝倉あき演じる由香が、友人の死をきっかけに恋愛シミュレーションゲーム“携帯彼氏”をダウンロードし、次々と不可解な事件に巻き込まれていくサスペンス・ラブストーリー。川島は主演女優として「この映画にはサスペンス、恋愛、友情、いろいろな要素が入っていて、いろいろな方に観ていただきたいです」と堂々とあいさつ。

 実年齢では3歳年上の朝倉からも「最初はお姉さんらしくしないといけないなと思っていたが、恐怖シーンを撮っていて自分の気分が沈みがちなところを、海荷ちゃんの明るさに救われた」と面と向かって褒められ、川島は「照れますね」と終始笑顔。相手役を演じた俳優・石黒英雄は、川島や朝倉ら女性キャストの印象を「男っぽいというか、女性的な面も持ちつつ、男っぽい野心というか、ガッツを持っていて、見習うところいっぱいありました」と語っていた。

【インタビュー】川島海荷、女子高生役に「スカートが短くてビックリ」


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube