中村勘太郎・前田愛、2ショット結婚会見 「とても清々しい気持ち」

結婚式を終えた中村勘太郎と前田愛が、披露宴前に揃って記者会見を行った (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

結婚式を終えた中村勘太郎と前田愛が、披露宴前に揃って記者会見を行った (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 歌舞伎俳優・中村勘太郎と女優・前田愛が28日、都内ホテルでの結婚披露宴を前に2人揃って結婚会見を開いた。この日、午後3時から神前挙式を終えたばかりの前田は「今はとても清々しい気持ちでおります」とつつましい笑顔で喜びを報告。入籍前ということもあり、2人共「まだ、夫婦の実感は特にないですね」。籍は「落ち着いてから入れます」(勘太郎)としたが、晴れの舞台には海部俊樹元総理をはじめ著名人、関係者ら640人がお祝いに駆けつけた。(主な一問一答はこちら

 色内掛け姿の前田は「(衣装が)重たくて…でも、今日の(結婚式の)重さなのかな? この日を忘れないようにしたいですね」とあいさつ。今年4月の会見時には、勘太郎があまり掃除をしないと話していたが「自分で掃除をやってくれるようになって部屋がきれいになりました!」と満面の笑み。報道陣からの「(夫を)操縦できてる?」との問いに、恐縮しながら「どうにか2人でやっていきたいですね」と話した。

 新妻の花嫁姿を見つめ「一生に一度。幸せ!」と照れまくりの勘太郎は「未熟な2人ですが、これからも温かく見守っていただければ幸いです」。子供については「予定はない」としたものの「2人共、兄弟がいるので2人以上作れたらいいなと思いますね」とし、最後には「波野家、前田家には素晴らしい父、母などがいるが、それに負けない、そして感謝を忘れない家庭を作りたい」と抱負を語った。

 前田が会見で着用した内掛けは、京都・山口美術織物による『伝 建仁寺宝物 唐織打掛復元「山道に菊桐文と枝垂桜段替り文様」』で桃山時代のものを復元。経糸の締切りで、紅・白の段を表し、紅段には山道に菊桐文様、白段には枝垂れ桜文様を織りだした段替わりの唐織。洋装は、今月20日に写真家・篠山紀信氏が撮影したもののみとなった。

 2人は2001年放送のNHK『光の帝国』で初共演。その後、7年に及ぶ親密交際が今年1月に女性誌で報じられ、今年4月の結納の儀後にも2人揃って会見を開き「未熟者な私たちですが刺激しあって笑顔の絶えない温かい家庭を築きたい」と話していた。

 会見後の夜6時からの披露宴は、海部元首相をはじめ、歌舞伎俳優・坂田藤十郎などがあいさつや祝辞を担当、お色直しは1回で和装のみとなる。引き出物には、ガラス鉢と東京・青山にある和菓子屋『菊家』のお菓子。列席者には歌舞伎、芸能関係者ら640名が名を連ねる。

【主な出席者】
市川團十郎、片岡仁左衛門、市川染五郎、市川海老蔵、尾上菊之助、尾上菊五郎、森英恵、篠山紀信、瀬戸内寂聴、森光子、郷ひろみ、小泉今日子、内田有紀、徳光和夫、小倉智昭、大和田獏、伊藤英明、大竹しのぶ、笹野高史、宮藤官九郎、池上季実子、中村獅童、江川卓、なかにし礼、里見浩太朗、高島礼子、高橋英樹、ラサール石井 、藤原竜也、渡辺えり、古田新太(敬称略)

◆幸せいっぱい! 芸能人「結婚」ニュース一覧


 前田愛


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube