鈴木おさむ&大島美幸夫妻が理想の夫婦に

「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2009」に選ばれた、鈴木おさむ&森三中・大島美幸夫妻 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2009」に選ばれた、鈴木おさむ&森三中・大島美幸夫妻 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 放送作家の鈴木おさむと女性お笑いトリオ・森三中の大島美幸夫妻が、その年の理想の有名人夫婦を選ぶ「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2009」に選ばれ9日、都内で行われた表彰式に出席した。2人はお互いに手を絡ませ登場し、大島は「こんなふざけた人が取っていいのかって思うけど、恥ずかしくないような夫婦で、ふざけながら幸せになっていきたい」。鈴木も「妻と出会えたことは奇跡。愛してます」と結婚8年目にもかかわらず、新婚さながらのラブラブぶりをアピールした。

 11月22日の「いい夫婦の日」キャンペーンとして2000年から開催され、今年で10回目を迎える同賞。一般応募の得票数(今年の投票総数1万6320通)とその推薦理由、社会背景をもとに選出される。同夫妻は「よく似た2人」「おもしろ仲良し夫婦」などの意見が多数を占め、今回の受賞となった。

 ペアリングの交換やケーキ入刀を行い、昨年の結婚式以来「2度目の晴れ舞台です」と、大島は満面の笑み。一方、鈴木は夫婦円満の秘訣として「好きだ、愛してるを何十回も言ってますね」とテレながら明かした。子供の予定についても語った大島は、お腹をさすりながら「いそうですけど、いないんですよね。頑張ります、来年には」と、子作りにむけて意欲をのぞかせた。

 また、この日発表された「いい夫婦 川柳コンテスト2009」にちなみ、現在の心境を川柳で発表した鈴木は「うちの妻 こっちは出せるよ 半ケツ(判決)を」と、同日に判決公判が開かれた元女優の酒井法子被告の時事ネタを引き合いに詠み、大島をはじめ報道陣らをうならせていた。

 今年から「いい夫婦の日には、『ありがとう』と『愛してる』をバラに込めて贈りましょう」をテーマに据えた同キャンペーン。過去の受賞者には中村橋之助・三田寛子夫妻(2000年)をはじめ、船越英一郎・松居一代夫妻(2006年)、ヒロミ・松本伊代夫妻(2007年)、朝原宣治・奥野史子夫妻(2008年)らが名を連ねている。

◆過去の受賞夫婦をチェック!
2008年2007年2006年


 三田寛子松本伊代


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube