松ちゃん、愛娘の名前が「てら」と初めて明かす

松本人志(C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

松本人志(C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、6日放送『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の1年9ヵ月ぶりとなる“フリートーク”で、10月に生まれた愛娘の名前を「てら」と名付けていたことを初めて明かした。相方の浜田雅功から名前を明かすよう迫られた松本は「まぁ普通の名前ですよ。呼びやすいように、ひらがなで『てら』っていうんですけどね……」とテレながらも告白。観客からの祝福の声援に「だからそういうこと(リアクション)すんなや!!」と滝のような汗を流しながら絶叫した。

 約2年ぶりとなるフリートークが復活したこの日の“ガキの使い”。2人が舞台に登場するや、開口一番、浜田は松本の頭をわしづかみにしながら「子供の名前、なんていうねん!」と迫る。自身のプライベートをあまり語りたがらない松本は「知らん! ワシは家庭をかえりみない」と自宅に寄り付かず、もっぱら“風俗通い”を強調するも、仕事が終わるとさっさと家に帰る“子煩悩パパ”ぶりをばらされてしまう。

 浜田と観客からの熱気に負けたのか、この日の松本は、“パパ”としての自身の姿を披露。オムツの交換や授乳の手助けなどはもちろん、乳母車に愛娘・てらちゃんを乗せて“公園デビュー”を果たしていたことも告白。独身時代からのあまりの豹変振りに、観客からは驚きの歓声があがり、その都度松本は「やかましいわー!!」と大絶叫。相方の良きパパっぷりに、浜田も驚きと喜びを隠せない様子だった。

 松本は5月に元タレントの伊原凛さんと結婚。10月6日午前11時40分に第1子となる女の子が誕生し、同月11日に監督を務めた映画『しんぼる』で釜山国際映画祭(PIFF)に招待された際には、映画の内容について「子どもができて、未来を明るくしたいという気持ちが出てしまったような気がします」と心境の変化を明かしていた。




関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube