妊娠6ヶ月の内田恭子、「動くのがわかる」と喜び実感

『ヴィーナスフォート』リニューアルオープン記念セレモニーに出席した内田恭子 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『ヴィーナスフォート』リニューアルオープン記念セレモニーに出席した内田恭子 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 フリーアナウンサーの内田恭子が11日、東京・お台場の商業施設『ヴィーナスフォート』のアウトレットフロアのオープニングイベントに出席した。第1子を妊娠したことを今年10月に報告している内田は、体のラインが出ない服装で登場。「もう(赤ちゃんが)動くのがわかる」と母親になる幸せをひしひしと感じている様子で「男の子、女の子どちらでもいいので元気に産まれてきて欲しい」と話した。

 早朝から雨が降りしきるなか、この日は開店前から約2000人が行列を作った。“新名所”が誕生した同施設が完成したのは10年前だが、その当時、同所で初めてニュース番組の生リポートを行ったという内田は「(キャスターの)八木亜希子さんに予定になかった質問をされてパニックになっていました。あれから10年、退社して結婚して……色々ありました」と、感慨深げに振り返った。

 また、来年4月に出産を控えているが「体調も安定期に入り落ち着いてる。(子供がいる)友人は『自分よりも赤ちゃんの服を見てしまう…』と言ってたけど、私もそうなるのかなぁ〜」と徐々に母親になることを実感しているようだった。

 その一方、買い物で訪れたという御殿場を“五反田”と言い間違えたり、今年を振り返り「漢字一文字で表して下さい」と報道陣から振られるも「熟語じゃダメ?」と返すなど天然ボケぶりも披露。仕事に関しては「今後相談しながら決める」としたが、愛嬌のあるキャラクターは相変わらずだった。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube