沢村一樹、滝川クリステルに「愛を表現」 映画『アバター』ジャパンプレミア

映画『アバター』のジャパンプレミアで、寒さに震える滝川クリステル(右)に見かねて着ていたジャケットをかける沢村一樹 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『アバター』のジャパンプレミアで、寒さに震える滝川クリステル(右)に見かねて着ていたジャケットをかける沢村一樹 (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が手がけた12年ぶりの新作、映画『アバター』のジャパンプレミアが21日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われ、キャメロン監督夫妻とプロデューサーのジョン・ランドー氏をはじめ、タレントの滝川クリステル、俳優の沢村一樹ら多くの芸能人が劇場に駆けつけた。屋外のブルーカーペット上で、風に舞う薄手のドレス姿の滝川と対面した沢村は、「射程距離の中に滝川さんが入ってきた。どうやって温めてあげようか」とニヤリ。あまりの寒さに震える滝川に、「僕は愛があふれている人間なので、愛を表現したい」と肩にサッとジャケットをかけ好感度アップを図っていたが、ランドー氏もフォトセッション時に隣り合った滝川の露出された二の腕をさすって温めてあげるなど、沢村に負けず劣らずの大胆な一面をのぞかせていた。

 『タイタニック』の大ファンだったという滝川は、キャメロン監督との初対面に喜び、映画のような「純愛をこれからしたい。いままで、番組が夜だったし、仕事のことしか考えられなかったので。(結婚に)焦りはないが、(フジテレビ系『ニュースJAPAN』のキャスターを)卒業してゆっくりする時間もできたので。今年は大事な節目の年になったと思う」と話していた。

 ジャパンプレミアには、神田うの、高橋ジョージ・三船美佳夫妻、山崎静代(南海キャンディーズ)、穂のか、ダンテ・カーヴァー、赤井英和 も来場。まねきねこダックもサンタクロースの服を着て、ブルーカーペットを歩いた。

 映画『アバター』はキャメロン監督が構想14年、製作に4年を費やしたSF超大作で、自ら開発した最先端の映像技術による新次元の3D映像で、地球からはるか離れた惑星パンドラを舞台に、人智を超えた愛を独創性豊かに描く。キャメロン監督は「アバターは別世界に連れて行く映画です。それもハートに訴える、老若男女が楽しめる映画です」とアピールした。18日に日本を除く全世界で同時公開となり、21日までの週末3日間で約2億3200万ドル(約210億円)の興行成績を収める前評判通りの好スタートを切った。日本では12月22日(火)に3D特別前夜祭を開催(一部劇場を除く)、23日(水・祝)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国拡大公開。

◆年末特集 09年のエンタメシーンを総決算!
◆09年の映画シーンを総括! ヒット作とヒットメーカーを探る

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube