上地雄輔、高校時代の衝撃“男女六角関係”を赤裸々告白!

禁断の“恋の六角関係”を明かした上地雄輔 

[拡大写真]

禁断の“恋の六角関係”を明かした上地雄輔 
■その他の写真はこちら

 俳優の上地雄輔が、30日放送のABC・テレビ朝日系『さんま&EXILEの世界に1つだけの歌3』(後11時40分〜)で“平成の怪物”松坂大輔らと野球に打ち込んだ高校時代に起こった衝撃の“男女六角関係”を告白した。元々、野球部所属の親友とその彼女らを交えてよく遊んでいたという上地。だが、ある時期にカップル全てが破局を迎えた後に、何とそれぞれが恋愛相談をきっかけに新たな恋心が芽生え、自身を含め彼氏・彼女を“シャッフル”した状態での交際に発展したという。

 司会を務める明石家さんま、EXILEのMAKIDAI、TAKAHIROの前で“大失恋”話を語った上地は、照れながら「13年前(高校2年生)、同じタイミングでカップルが別れ、気づけば(友人同士が)また別のカップルとして交際していることに気づいた」と説明。最初は、初々しい青春時代の思い出として、さんまも納得した表情で聞いていたが、さらにその先の話として、シャッフルしたカップルたちが再び“元サヤ”に戻ったことを聞かされると仰天。「人のモノがよく見えるというけどなぁ…」と絶句した。

 また上地は、甲子園を目指す野球の強豪校で貴重な高校生活の3年間を過ごすと共に、戦ってきた怪我にまつわるエピソードを披露。肘の故障で手術を決断した頃によく聴いたという名曲を明かしつつ、涙をみせる一幕も。そのほか、ブラックマヨネーズ・小杉が“M-1優勝バブル”でモテた頃に訪れた、8年間交際した彼女と別れた頃によく聴いていた楽曲を披露する。

 さらに注目は、今年大ブレイクしたオードリー・春日が「好きな人を落とす曲」として福山雅治の「Gang★」を熱唱。福山本人からお墨付きをもらった(!?)というヒット曲を気持ちよく歌唱するシーンにも注目が集まりそうだ。




 遊助EXILEEXILE feat.VERBAL(m-flo)EXILE & 倖田來未


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube