女子高生が総理に望む“新”公約 〜「ケータイ代永久無料」から「国の借金返済」と千差万別

鳩山首相に叶えて欲しい“新”公約は、政治から身近な困りごとまで様々。 

[拡大写真]

鳩山首相に叶えて欲しい“新”公約は、政治から身近な困りごとまで様々。 
■女子高生が総理に叶えて欲しい“新”公約

 昨年9月に発足した“鳩山政権”。発足後わずか1ヶ月足らずで「子ども手当て」や「地球温暖化対策の強化」など、公約実現に向け早々と着手。積極的な姿勢で取り組むも、さまざまな問題を抱えているのもまた事実。そこで、ORICON STYLE(「RANKING パラダイス」番組調べ)では、現役女子高生を対象に「新総理に実現して欲しい“新”公約は?」という意識調査を実施したところ、結果は【ケータイ料金永久無料】と女子高生ならではの意見はもちろん、一方では【国の借金返済優先】や【経済格差の軽減】など真摯な意見も挙がった。政界とは縁遠いように思われがちな女子高生が、実は政治・経済に高い関心を持っているという意外な一面が垣間見えた。

 新政権に現役女子高生が提案したい“新”公約は、【国会議員の給料カット】、【学費の無料化】といった政治・経済に直結した意見が大半を締めた。「納付金額は同じなのに公務員の方が(支給額が)多い。職業なんて関係ない!」(北海道)と【厚生年金と共済年金の支給を同額】を掲げ、憤りさえ感じている様子。また【18歳から選択制選挙権&一般人にも発議権】を挙げ、「日本の未来を大人だけに決められちゃ困る!! 政治家や官僚だけで方針や法律を決めても、庶民の感覚とはズレている」(千葉県)と、積極的な政治参加を唱える女子高生もいた。

 学生の本分である“学校”に関しては「英語だけではなく、韓国語や中国語も学びたい」との理由から【第二外国語を必須科目に追加】と勤勉かつ、グローバルな視野を持つ意見も。また、“喫煙・禁煙”といったタバコへの関心も高いようで【日本全域禁煙】や【歩きタバコ、自転車タバコの禁止】と喫煙者に手厳しい声。さらに父親の禁煙を後押ししたいとの理由からか、「会社で“禁煙できたらお給料アップ”など、全面的に禁煙を推奨」という家族想いな声も寄せられた。

 その他に「某メディアで好きなグループの解散報道があったけど、でたらめだった」という事例を挙げ、【メディアの報道規制】を望む声や、【薬物をなくす】、【援助交際を厳しく取り締まる】など、昨年の芸能人薬物使用事件を筆頭に、同世代が事件に巻き込まれ、その報道を実際に目の当たりにし、不安を募らせているようだ。昨年8月に発表したマニフェスト実現に向け、決して平坦とはいえない“茨の道”を突き進む鳩山政権に対し、現役女子高生たちの願いは千差万別。考えさせられる意見も非常に多く、“若輩者の戯言”と受け流さず、明日を担う若者の意見に耳を傾けることこそ改革への近道なのかもしれない。

【調査概要】
調査時期:2009年11月5日(木)〜11月10日(火)
調査対象:合計300名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の現役女子高生)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査(「RANKING パラダイス」番組調べ)





■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


◆女子高生から最も支持される有名人を表彰
『ORICON VALENTINE FESTA』に150名をご招待! ⇒詳細はこちら


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube