伝説の“ポカリ美少女”後藤理沙、結婚・離婚していた

後藤理沙 

[拡大写真]

後藤理沙 
■その他の写真ニュースはこちら

 1998年に『ポカリスエット』のCMで注目され“絶世の美少女”とも言われた女優の後藤理沙(26)が、離婚及び美容整形していたことが12日、明らかになった。同日放送されたフジテレビ系『スーパーニュース』の密着取材のなかで、昨年11月に約3年の結婚生活にピリオドを打ったことを告白し、今後は本格的に女優として活動していくと目標を語った。

 1997年にグラビアアイドルとして13歳で芸能界デビューした後藤は、翌年放送された同CMでブレイク。その後はドラマや映画などでも活躍したが2002年に一度引退し、2004年に復帰した。また一般男性と約3年間同せい後、2年間に及ぶ結婚生活を続けたが昨年11月、自ら別れを切り出して離婚したことも公表した。

 番組ではヘルパーの資格をとるために介護施設で働き、休日に芸能活動をしている姿を明かす一方で、衝撃的な事実を告白。たるんだお腹まわりをカメラの前で公開して「あの頃の輝きを取り戻したい」と美容整形を決意し、お腹の脂肪をバストへまわす脂肪吸引・豊胸手術、しみ・そばかすをとるレーザー治療を受ける様子を生々しくレンズの前に公開した。

 結婚後は2度目の引退を考えたこともあったというが「よく遊んでいたコたちが活躍しているのがすごくうらやましかった。未練がましいっていうふうになるかもしれないけど、本当に好きだからうらやましくなっちゃう」。そして「仕事をまだやりたい」と夫へ別れを告げ、新たなスタートを切ったという。

 所属事務所によると、今後の活動としてはVシネマの撮影が控える。また、先月発売したばかりの最新イメージDVD『AQUA』の発売記念イベントを30日に東京・秋葉原のソフマップAMS館で開催し、久しぶりにファンの前に元気な姿をみせる予定だ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事