倉科カナと大東俊介が『ウェルかめ』で挙式 ウエディング姿を初披露

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』で結婚式を挙げた倉科カナ(左)と大東俊介 

[拡大写真]

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』で結婚式を挙げた倉科カナ(左)と大東俊介 
■その他の写真ニュースはこちら

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロイン・浜本波美(倉科カナ)と、ロボットを研究する大学院生・山田勝乃新(大東俊介)が、2月6日(土)放送回で遂に結婚式を迎える。これまでにCMやミュージックビデオなどでウエディングドレス姿を披露している倉科だが「今回は、初めて新郎新婦が揃った撮影だったこともあり嬉しさと同時に感慨深いものがありました」と初の“結婚式”に胸を躍らせた。

 幼い頃に出会い様々な経験を重ねてきた2人の恋仲は、“お試しデート”で波美が勝乃新の実家を訪ねたところで急展開を迎える。波美のほうからプロポーズが飛び出すも、勝乃新は「そんなん無茶や、まだ学生やで」と一度は断ってしまう。その後、紆余曲折を経て結婚モードへ突入した2人の前に今度は波美の父・哲也(石黒賢)が立ちはだかるが、それらも乗り越えた2人は、はまもと荘で結ばれる。

 結婚式の撮影は昨年12月6日に徳島・美波町大浜海岸で行われ、倉科は「お花で彩られた漁船に乗るのですが、とても感動的なシーンとなりました」と満足げ。一方、初めて結婚する役を演じた大東は、「そんなに緊張しなかった」と言いつつ「サインするところで、間違えないように、漢字の書き順を確認したり…やはり、緊張していたんですかね」と苦笑いだ。

 2月6日の第108回「これがうちらの波や!」で結婚する2人だが、ドラマは3月末まで続く。制作統括の六山浩一チーフプロデューサーは「放送終了までまだまだ物語は二転三転。危機を迎えるゾメキトキメキ出版…夫婦ではまもと荘に同居!?なんてこともあるかもしれません」と期待感をあおっている。

◆関連ニュース ドラマNHKウエディングドレス


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube