ベッキー慌てる! イ・ビョンホンの“結婚の話題”で珍回答

『第21回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』を受賞したベッキー (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『第21回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』を受賞したベッキー (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントのベッキーが27日、都内で開催された最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第21回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の表彰式に出席。20代部門で受賞したベッキーは、特別賞を獲得した韓国俳優イ・ビョンホンも同席したとあって「かっこいい〜」と大はしゃぎ。報道陣から「イ・ビョンホンさんのような男性は?」と好みを聞かれると「でも、婚約してるんじゃなかったでしたっけ? 違う?」と、奇しくもビョンホンが現在抱えている交際トラブルを思わせるオトボケ返答でリポーター陣をズッコケさせ「あ〜大変」と慌てふためきながら足早に会場を後にした。

 表彰式でベッキーは「賞がもらえるのと、イ・ビョンホンさんに会えるということでメイク5割増しでやってきちゃいました」と茶目っ気たっぷりにあいさつし、ビョンホンのファンからも拍手喝采。これを受けてビョンホンが壇上でベッキーの名前を呼ぶサプライズがあり、「呼ばれましたよね! 私が言ったから、名前をチェックしてくれたんだと思う」と乙女心をはじけさせた。これを機に「ジュエリーライフを楽しむ」と語り、報道陣が「恋愛も解禁?」と突っ込むと「解禁してるかもよ?」と怪気炎をあげてみせた。

 一方、30代部門を受賞した女優・観月ありさは、報道陣の「左手の指輪はいつ見られる?」という質問に「もうちょっとしたらそういうことがあってもいいかな。婚活したいですね。貫きたくないですけど“おひとりさま”なんで」と、昨年まで主演していたドラマのタイトルに引っ掛けて脱“おひとりさま”を目標に掲げていた。

 表彰式にはそのほか、ビョンホンと同じく特別賞受賞の鳩山幸首相夫人、10代部門の福田沙紀、40代部門の大塚寧々、50代部門の戸田恵子、60代以上部門の高橋真梨子、男性部門の佐藤隆太がそれぞれ出席した。

◆歴代の受賞者をチェック!
第20回第19回第18回第17回


 イ・ビョンホン福田沙紀ベッキー戸田恵子高橋真梨子


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube