エロは一切封印!沢村一樹がアウトロー刑事に 〜女性“相棒”はプロアマ問わず公募

ABC・テレビ朝日系『警視庁失踪人捜査課』で主演を務める沢村一樹 

[拡大写真]

ABC・テレビ朝日系『警視庁失踪人捜査課』で主演を務める沢村一樹 
■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の沢村一樹が、4月スタートの連続ドラマ『警視庁失踪人捜査課』(毎週金曜・後9時〜テレビ朝日系)で主演を務めることが3日、わかった。原作は、作家・堂場瞬一氏による小説『警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ』(中公文庫刊)で、沢村は、失踪人捜査に挑むアウトローな刑事・高城賢吾を演じる。また同作では、主人公・高城の“相棒”となる同僚女性刑事役をプロアマ問わず、オーディションで決定することも併せて発表。今回、“エロ”を封印しシリアスな役どころを演じる沢村も「女性刑事役のオーディションにはたくさんの方が応募してくださるのをお待ちしています。みんなの目を引き付けるような強烈なエネルギーをもった女優さんが現場に来てくれるのがとても楽しみです!」と応募を呼びかけている。

 年間10万人とも言われる失踪人の行方を捜す警視庁失踪人捜査課の刑事たち。『警視庁失踪人捜査課』は、捜査線上に浮かび上がる失踪人の隠された素顔や秘密を解き明かしながら、事件の裏に隠された人間模様を描くヒューマンサスペンスドラマだ。沢村が演じる高城賢吾は、警視庁捜査一課の敏腕刑事だったものの、娘が失踪事件の被害者となり、そこからやさぐれたの人生を送っているアウトローな刑事。最近では、『サラリーマンNEO』のセクスィー部長やバラエティ番組などを中心に、“エロ”な部分を全開にするコミカルなキャラクターが浸透していた沢村だが、今作ではクールな役どころを熱演する。「高城の姿を見て視聴者の方が励まされるような作品になればいいな、と思っています!」と気合十分だ。

 さらに今作の注目は、警視庁失踪人捜査課唯一の女性刑事で、勝気な性格から“相棒”の高城には攻撃的な態度を取る明神愛美役を、プロアマ問わず、オーディションで選出する。25歳〜35歳くらいに見える女性で、自薦他薦問わず。2月に審査が行われ、最終選考には沢村も審査員として参加する予定だという。

◆関連ニュース ドラマテレビ朝日


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube