SHEILA、昨年7月に結婚していたことを報告 プロポーズは「下着姿で受けました」

自身がプロデュースしたブランド『フェリス・ボーダ』の発表会で結婚していたことを明かしたSHEILA (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

自身がプロデュースしたブランド『フェリス・ボーダ』の発表会で結婚していたことを明かしたSHEILA (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントでスポーツキャスターとしても知られるSHEILA(37)が4日、東京・お台場で行われた自身プロデュースのブランド『フェリス・ボーダ』の発表会に、白のウェディングドレス姿で出席した。先月21日、交際11年の男性(35)と近く結婚するとFAXで発表していたSHEILAはこの日、昨年7月8日に入籍していたことを報告。挙式・披露宴は入籍1周年となる7月頃を予定(場所は未定)しており、妊娠はしていないという。「意外と私生活は地味です」と明かしたSHEILAは、夫について「(交際)3年目までは浮気“未遂”があったけど、今は心配していない」とキッパリ。また、プロポーズは入籍直前のある朝、彼女が出勤準備で下着姿だった時に突如されたことも明かした。

 日本人の父とキューバ人の母を持つSHEILAは元々、入籍についてキューバにいる母親に先に報告した後、マスコミなどへ公表しようと考えていたという。だが、仕事の都合がつかず結局里帰りが実現したのは昨年末ということもあり、この日まで正式な発表を延ばしていたと説明した。入籍直前のプロポーズの際、新郎側が代々大切に保管していた指輪を贈られたSHEILAは、夫の素顔について「しょうゆ顔であっさりしたイケメン」と明かし、著名人では哀川翔、桑田真澄などに似ていると証言。さらに「とても男らしく真面目で、何を聞いても教えてくれる“広辞苑”みたいな人!」と独特の表現で語った。

 また、今後は「何があっても支えられる夫婦になりたい」と宣言。子供については「まだいませんが(夫の両親が)『そろそろ赤ちゃんを…』ってグイグイきている。私も40歳までには欲しいし、頑張らないと! 人数? 1人で十分です。子供にはやっぱり、男の子なら野球、女の子ならバレエなどスポーツをさせたい」と語った。この日は「レースの使い方にこだわって、キュートに仕上げた」という白ドレス姿で幸せオーラを振りまきつつ、最後には特技のスペイン語で「私は幸せです!」とスピーチし、締めくくっていた。

 SHEILAは、OLを経験をしたのちにタレントへ転身。スポーツ観戦が趣味で、自身も軟式草野球チームでピッチャーを務めており、使わなくなった野球道具を日本から集めキューバに送るボランティア活動もしている。


【ウエディングドレス関連特集】

“日本一かわいい花嫁”が決定! 『Pretty BRIDE 2010』フォトギャラリー
神田うのがデザイナーを務める『Scena D’uno』ウエディングコレクション
香里奈のウエディングドレスブランド新作コレクション


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事