IMALU、「洋服の青山」新社会人女性向けモデルに起用 オリジナル商品開発

『洋服の青山』2010年度フレッシャーズラインの新イメージキャラクターを務めるIMALU (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『洋服の青山』2010年度フレッシャーズラインの新イメージキャラクターを務めるIMALU (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 タレントのIMALUが『洋服の青山』2010年度フレッシャーズラインの新イメージキャラクターに起用され4日、都内で行われた会見に出席した。同社とIMALUのコラボレーションブランド「“suits me”IMALU」も発表され、自身初のスーツ姿に「違和感というか、見たことない自分におぉっ!って感じ」。仕上がりは「100点! 私と同じ年代の方が着やすいもので、ファッションとしても楽しめるのがポイント」と自信をのぞかせた。

 コラボブランドは、新社会人となる高校3年生及び大学4年生の女性をメインターゲットに、IMALUの“私に合った”商品を提供したいという想いを込め「私は、私でいく。IMALU」というキャッチコピーで展開。IMALUがファッションプロデューサーとして素材選びからデザインに至るまで企画、製作に携わった。

 普段のファッションとしても楽しめるようにと、通常のスーツのスカートより丈を短めに設定し「同年代の方は普段、スカートは短く履くので、長めより短いほうが着やすいと思って」とのこだわり。スーツのシルエットを出すために欠かせない「ダーツ」という加工も「いらない」と排除し、制作に苦労したと関係者から明かされると「スーツの基礎がわかってないので、見た目だけでこういうのがいいって提案したら望みどおり叶えてもらえた」と苦笑いした。

 今回の企画は両親の明石家さんま・大竹しのぶにはとくに報告していないといい、「母親は知ってると思うけど、父は明日のワイドショーで知るのかも。普通の親子と一緒で、しょっちゅう何があったって報告はしないです」。近づくバレンタインデーの予定は「考えてなかった。本命? ないです。今まで友達にもあげたことがない。何もする予定もないし、きっとお仕事だと思います」と淡々と語っていた。

 商品ラインナップはジャケット、パンツ、スカート、ブラウス、ツイントートバッグ、タックトートバッグ。そのほか“現代を生きるかっこいい女性の為の美人服”をコンセプトにした新ブランド『PERSON’S SUITS STYLE』もお披露目された。新ブランドは18日より全店で販売開始されるほか、新テレビCM「この春も」篇、「巨大タペストリー」篇も放送予定。

⇒溝端淳平らがランウェイ!『TGC』の『洋服の青山』ステージをチェック


◆関連ニュース モデルファッション


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事