水嶋ヒロ、妻・絢香との夫婦水入らずを報告「最近まで新婚旅行をしておりました」

『2010年エランドール賞』新人賞を受賞した水嶋ヒロ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『2010年エランドール賞』新人賞を受賞した水嶋ヒロ (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の水嶋ヒロが4日、年間を通じて最も活躍した将来有望な俳優に贈られる『2010年エランドール賞』の新人賞に選ばれ、都内のホテルで行われた授賞式に出席した。映画『ドロップ』、ドラマ『東京DOGS』(フジテレビ系)など映画やドラマでフル回転だった水嶋は「光栄です」と恐縮しきり。バセドウ病の治療のため無期限療養に入った妻で歌手・絢香も「僕以上に喜んでいた。ようやく治療に専念できる環境が整ったので、ゆっくり完治できるよう2人で協力していきたい」と話し、受賞スピーチでは「私ごとで恐縮ですが最近まで新婚旅行をしておりました。そして穏やかな日々を過ごしておりました」と夫婦水入らずの時間を報告した。

 新人賞を受賞した岡田将生、榮倉奈々、松田龍平、志田未来、多部未華子らと共に授賞式前に報道陣の取材に単独で応じた水嶋。最近まで新婚旅行へ出かけるなど今年に入ってからは充電に務め「きょうが仕事初めです」。無数のフラッシュを浴び若干照れた表情を浮かべながら「(新人賞は)本当に僕でいいのかな?と思った。忙しかったのですが、それだけ仕事をいただけて光栄です」と謙虚に語った。

 また、昨年2月に籍を入れた愛妻の“大舞台”となった昨年の『第60回NHK紅白歌合戦』は友人宅で正座しながら見守ったといい「お疲れ様。気をつけて帰っておいで」とメールを送ったと明かした。この日が仕事初めとなったが、事務所関係者によると「昨年は作品も被っていましたし、しばらくは休養になると思います」と昨年ほどは仕事を詰め込まず、ようやく夫婦水入らずの新婚生活が本格的にスタートする形となりそうだ。

 なお、作品賞は映画『沈まぬ太陽』とNHK大河ドラマ『天地人』。特別賞には昨年、初監督した映画『劒岳 点の記』の木村大作監督と、俳優の故・森繁久彌さん、『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(テレビ朝日)制作チーム、映画『釣りバカ日誌』(松竹)シリーズ出演者及び製作チームに贈られた。

⇒2009年度の映画賞受賞作&受賞者一覧


◆『エランドール賞』過去の受賞者をチェック!
2009年2008年2007年


 多部未華子森繁久彌絢香×コブクロ


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube