仲里依紗、CHIKARAとの熱愛語らずニッコリ 「バレンタインの予定ないです」

「『時をかける少女』仲里依紗オフィシャル・コンセプト・フォトブック」の出版記念イベントを行った仲里依紗(C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

「『時をかける少女』仲里依紗オフィシャル・コンセプト・フォトブック」の出版記念イベントを行った仲里依紗(C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の仲里依紗が14日、都内で「『時をかける少女』仲里依紗オフィシャル・コンセプト・フォトブック」の出版記念イベントを行った。先日、一部写真誌でモデル・CHIKARAとの熱愛が報じられた仲は、バレンタインの予定を聞かれると「予定ないです。バレンタインって昨日気付いたし、忘れてました」とあっけらかんと語り、「噂の彼には?」にはスタッフの制止もありニッコリとうなずくのみで留まり、報道については語らず仕舞いだった。

 CHIKARAとのペアルック2ショット写真が掲載され熱愛が報じられて以降、仲は公開番組の収録に登場したことはあったものの、報道陣の前に現れたのはこの日が初めて。バレンタインの話題を振られると「お仕事でチョコレートをメイクさんにもらって、『あ〜』って思いました」と語るのみだった。

 同フォトブックは、1983年に原田知世をヒロインで描いた名作映画『時をかける少女』を仲主演でリメイクし、同撮影場所での撮り下ろし写真やインタビューが満載。10代最後の見納めとなった制服姿なども収録している。

 仲は同内容に「私のフォトブックであり、主人公のフォトブックにもなってる」と“二面性”を表現できたことに満足げ。映画撮影は「2010年の『時をかける少女』を見せたい気持ち」で頑張ったといい、「劇中で凄く走ったので見てほしい。好きな亮太(中尾明慶)のこと思ったら、意外と早く走れました」と目標があれば突っ走れるタイプであることを明かした。

 昨年10月には20歳となり、今後の目標を聞かれると「留学してみたいと思ってた。まだその夢は捨ててない。英会話頑張ろうかなって思います。世界共通語を身につけて、境界なくしゃべりたい」と“世界をかける女優”を挙げ、意気込んでいた。

 母・芳山和子の願いを叶えるべく、過去の世界へタイム・リープした芳山あかり(仲)の奔走ぶりを描く『時をかける少女』は3月13日(土)より公開。

ビッグカップル誕生? 芸能人の主な「熱愛」ニュース一覧


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube