押切もえ、新たな恋に向け 「計算高い男性には気を付ける」

映画『人間失格』の公開記念イベントに出席した押切もえ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『人間失格』の公開記念イベントに出席した押切もえ (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 小説家・太宰治の代表作にして、俳優・生田斗真初主演で初めて映画化される『人間失格』の公開記念イベントが16日、都内で行われ、モデルの押切もえ、漫画家の倉田真由美らが太宰や同作にまつわるトークを展開した。生田が劇中で演じる自己否定を続ける登場人物・葉蔵について押切は「昔大好きだった。惹かれていって、守ってあげたい、励ましたいって気持ちがあった」と過去の思いを告白。また、トーク中に「太宰は計算高い男では?」という話題が出たが、これには「計算高い男性には気を付けないとなって思います」と語り、今後の新たな恋に向けて気を引き締めていた。

 『人間失格サミット』と題したトークショーで、押切らゲストは「太宰は“だめんず”なのか?」「太宰が現代に生きていたら?」といったテーマについて議論。押切は中学時代に「走れメロス」に触れたのを機に太宰作品にのめり込んだようで「美しい文体と強い表現とかを呼んで、これからの自分に活かしたい」と語った。ただ、自身がかつて好きだったという同作の葉造については「でも、大人になると『ここは立ち直れば』って思うポイントがある。あと、フラフラし過ぎですね」とダメ出しし、現在は恋愛対象にはならないという心境の変化を明かした。

 一方、ダメ男体験談を綴る『だめんず・うぉ〜か〜』の著者・倉田は「太宰を愛した女性たちの話を聞きたい。破滅型の男になぜ惹かれるのか? 4度も心中した男って聞いたことない」と興味を示した。しかし「昨年に娘が産まれましたけど、娘には選んでほしくないタイプ」と愛娘の結婚相手としては頑なに拒否してみせ笑いを誘っていた。

 友人に影響され堕落していく青年・葉蔵を生田が熱演する映画『人間失格』は2月20日より公開。

太宰治、生誕100周年でブーム再燃! あの名作が続々と映画化

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2




関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事