西川史子、結婚後も毒舌キャラ貫く 「籍入れたらこっちのもん」

『リカちゃん電報2010』の記者発表会に出席した西川史子 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

『リカちゃん電報2010』の記者発表会に出席した西川史子 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 形成外科医でタレントの西川史子が25日、都内で行われた『リカちゃん電報2010』の記者発表会に出席した。2月14日に入籍・結婚式を終えたばかりの西川は、リカちゃんとお揃いのミニウエディングドレス姿で登場し、結婚式後に訪れたタイ・サムイ島への新婚旅行は「サムイ島なのに暑かったですよ」とご機嫌。また発表会後に報道陣から結婚して毒舌キャラが薄れてしまうのでは? と危惧されるも「最近つまらないと(週刊)文春さんに書かれていたけれど、籍入れちゃったらこっちのもんですから好き勝手やらせてもらう。半年間口をつぐんできた分、キャラを加速させていきたい」とノリノリで語った。

 ヒューモニーから発売される『リカちゃん電報2010』は、“大人カワイイ”をコンセプトに2007年から毎年数量限定で発売している人気シリーズの第4弾。今年流行のミニ丈の3段フリル&レース・リボンベルトのウエディングドレスに身を包んだリカちゃんと電報をセットで過去最大数6000体限定として発売する。少女時代に友達と平等に遊ぶためにリカちゃん人形を5体所有し、自らが仕立ててもらった洋服と同じ生地でリカちゃん用の洋服もお揃いで仕立ててもらっていたというセレブぶりを明かした西川は、この日も自身の装いとお揃いのリカちゃんを手に「無理ない形。美しいのは私ですよね。リカちゃんはその次くらいです」と高飛車キャラを貫いた。

 「結婚するまではマリッジブルー、結婚してからはずっとブルーと聞いていたけど、まだピンクです」とノロけてみせた西川は、新婚旅行について「成田離婚を皆さん期待していたみたいだけど、取り立てて喧嘩もなく機嫌良く帰ってきた」と話した。また 現在の生活は「式が終わってすぐ新婚旅行をして、引っ越しも今週の月曜日にしたばかりでバタバタしているところ」と多忙ぶりを明かし、「もうすぐ40歳だっていうのに働いてばかり。子づくりしなくちゃいけないのに」と嘆きつつも相変わらず幸せいっぱいの様子だった。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube