「神コレ」史上初! 日仏ハーフ美女ユニット“レアル・パラディ”がデビュー前にステージ熱唱

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 シングル「風と丘のバラード」で3月3日にメジャーデビューする日仏ハーフ女性ボーカルユニット・Real Paradis(レアル・パラディ)のJULIE(ジュリー)が27日、神戸・ワールド記念ホールで開催された『神戸コレクション2010 SPRING/SUMMER』のステージに出演した。2002年の初回開催以来、歌手では安室奈美恵、倖田來未、JUJUといった顔ぶれが出演しているが、デビュー前の歌手が登場するのは同コレクション史上初めてのこと。「まだ実感がない〜」と、喜びと興奮の入り混じった様子で語ったジュリーは、抜群のプロポーションやビジュアルを生かして次回は“歌手&モデル”としての神コレ登場に意欲を燃やした。

 フランス人の父と日本人の母の間に生まれたジュリーは、長い黒髪と妖艶さを兼ね備えた女性歌手。これまでメディアへの登場は少なかったが、デビュー曲が人気アニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』(フジテレビ系)のエンディングテーマ曲として起用され、カップリング曲「L.M.L.」も同コレクションのテーマソングとして選ばれるなど、期待の新人歌手として今後注目を集めそうだ。

 キャットウォーク上で2曲を無事熱唱したジュリーは、終了後「緊張しましたが楽しかった!神戸のお客さんは、手を振ったりしてくれたり優しい方が多くて助かりました」とホッとした様子。また、ファッションへの興味もさらに深まったようで「白系の帽子、ロングスカートの着こなしなど(観客を)参考にしてみたい」とステージ活動以外にも収穫があったことを強調した。そして、最後には「音楽や絵、さらにファッションなどいろんな形で“表現”することに関して追求していきたい」と抱負を語っていた。

◆明日のコーディネートの参考に! オシャレSNAPを日替わりで公開!
 街のオシャレ男子注目のオシャレGIRL  ミスキャンパス憧れ“読モ”の最新コーデ



関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube