女芸人会+はるな愛、終始“井戸端会議”で花嫁姿台無し

映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』の公開アフレコを花嫁姿で行った(左から)いとうあさこ、椿鬼奴、はるな愛、森三中・黒沢かずこ、ハリセンボン・近藤春菜 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』の公開アフレコを花嫁姿で行った(左から)いとうあさこ、椿鬼奴、はるな愛、森三中・黒沢かずこ、ハリセンボン・近藤春菜 (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女芸人の黒沢かずこ(森三中)、椿鬼奴、近藤春菜(ハリセンボン)、いとうあさことタレントのはるな愛が10日、都内で映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』(4月17日公開)の公開アフレコを行った。主人公しんのすけの前に立ちはだかる刺客・花嫁(希望)軍団として、ウエディングドレス姿で登場した5人だったが、若い黒沢と近藤とそれ以外の3名が年齢や化粧の話題で“対立”。近藤は呆れ顔で「楽しかったのですが、1シーンが終わるごとに“オバサン軍団”が話をして長くなった」と苦笑した。

 黒沢以外の4名は、アニメのアフレコ初挑戦。通常のセリフに加えて「人の幸せ喜べない」「専業主婦になりたいの」など、切実な婚活女性の想いを歌詞に託した挿入曲「アラサーソング〜早く結婚したいのよ〜」を歌唱したが、結局、ここでもはるなの“オッサン声”や椿鬼奴の“ダミ声”で全体の音程が狂うハメになり、何度も録り直しとなった。

 劇中の画でも、男性っぽい場面が随所に現れることにやや不満足のはるなは「(実際は)一番女っぽいんですよ。ドレスを選ぶ際も『一番可愛くてお似合いですよ』と言われたのに〜」と得意げに話すと、周囲から“サービストーク”だと指摘されて赤面。さらに「私は今、一番モテ期なんです。どこでも声をかけられちゃう!」とアピールしたが、すかさずいとうから「実情がない!」とバッサリ斬られ、落ち込んでいた。

◆関連ニュース一覧 映画コミック・アニメお笑いウエディングドレス


 はるな愛


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube