多岐川裕美、松方弘樹長男と交際中の娘・華子の交際認めるも「将来はわかりません」

舞台『大奥』の制作発表に役衣装の着物姿で出席した多岐川裕美 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

舞台『大奥』の制作発表に役衣装の着物姿で出席した多岐川裕美 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 女優の多岐川裕美が10日、東京・目黒雅叙園で行われた舞台『大奥』の制作発表に出席後、報道陣の取材に応じた。先日、娘の女優・多岐川華子が松方弘樹の長男で俳優の仁科克基と交際していると公にしたが、2人の結婚について多岐川は「お付き合いしてるということですけど、将来はわかりません」とした。共演の安達祐実にも「新たな嫁ぎ先の予定は?」とふられると「まったくその予定はございません」とキッパリ答え、さらに浅野ゆう子が「私には(その質問は)ないの〜?」とすねて笑いを誘った。

 フジテレビ系で放送され人気を博したドラマ版『大奥』は、2007年に初舞台化。約2年半ぶりの再演となる同作は、ドラマ版を原案に、江戸時代末期でのさまざまな女たちの情念がうごめく様子を描く。前回同様、大奥総取締役・瀧山を演じる浅野は「2003年のドラマから足掛け7年、演じ続けさせてもらい、女優として嬉しい限り」と喜びもひとしお。豪華絢爛な衣装には「毎日お嫁さんの気分です。ごめんね、(実際は嫁に)いってなくて」と自虐的に笑いを誘って場を盛り上げた。

 実成院を演じる新キャストの多岐川は「テレビの時から、無責任に観ておりましたけど、まさかその中に入るとは」といまだに驚きを隠せない様子で、浅野や安達らにアドバイスを求めていた。浅野は「今回の見所はWユミちゃんです」と安達と多岐川との布陣に座長として期待を寄せる一方、同じく大奥の祖となった江の生涯を描く2011年のNHK大河ドラマを意識してか「『大奥』はフジテレビが一番乗りです。その自信、プライドを持ってます」と語気を強めた。

 制作発表ではキャストが役衣装の着物姿で出席し、豪華絢爛衣装がファッションショー形式で紹介される『大奥チュールコレクション』として開催された。舞台『大奥』は、東京・明治座にて6月2日(水)より6月27日(日)まで上演。その後は博多、大阪でも上演される。



◆関連ニュース 熱愛ファッション


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube