“旭化成キャンペーンモデル”新作水着で21歳&16歳“日中モデル”が華麗に競演

“2010年旭化成グループの顔”に抜擢された(左から)鹿沼憂妃、チャン・ツーウェン (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

“2010年旭化成グループの顔”に抜擢された(左から)鹿沼憂妃、チャン・ツーウェン (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 旭化成グループは16日、「2010年キャンペーンモデル」と新作水着の発表会を都内で行った。会場には“2010年旭化成グループの顔”に抜擢された福井県出身の21歳・鹿沼憂妃と、中国山東省出身の16歳・チャン・ツーウェンが登場。2人は新作の水着に身を包み、見事なプロポーションを披露した。同社が日本人と中国人のモデルをW起用するのは7年連続。また、同社の歴代キャンペーンモデルには、アグネス・ラム(1976年)、小松千春(1991年)、松嶋菜々子(1992年)、元ボクサーで俳優の赤井秀和の娘である赤井沙希(2006年)らがいる。

 中国で“スーパーモデルの登竜門”と言われるモデルコンテストの2009年グランプリを獲得しているチャンは現在高校1年生。やや緊張した表情でステージに登場するも、撮影時には見事なポーズを次々と披露した。中国では下の名前を繰り返す事が多いといい、チャンは中国での愛称同様「ウェンウェンと呼んでください」とニッコリ。また、「これからさまざまな場面で会社の顔として活動していきたいです」と意気込みを語った。

 一方の鹿沼は、すでにファッションショーや雑誌等で活動していることもあり余裕の表情。日本語のアナウンスに困惑するチャンを優しくフォローしながら、堂々のウォーキングを見せた。今後についてはテレビ等での活躍も視野に入れつつ、「旭化成のキャンペーンモデルに選ばれた時は本当に信じられなくてびっくりしたんですが、親孝行になったかなと思って嬉しかったです。今年1年、しっかり努めていきたいです」と笑顔を見せた。

 2人は今後、“旭化成グループの顔”として、商品PRのほか社で取り組んでいる地域貢献活動等にも参加する。

◆過去の旭化成キャンペーンモデルをチェック!
【2008年】佐野真理子&チョウ・スイユウ(08/04/08)
【2007年】篠崎彩音&何穂(ハースィ)(07/03/14)


◆関連ニュース ファッショングラビアモデル


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube