桐谷美玲、“ゆるカワ”封印してパルコの水着キャンギャル抜擢

『2010 PARCO SWIM DRESS キャンペーン』ポスターで大人の魅力全開の雰囲気を出している桐谷美玲 

[拡大写真]

『2010 PARCO SWIM DRESS キャンペーン』ポスターで大人の魅力全開の雰囲気を出している桐谷美玲 
■その他の写真はこちら

 ファッション誌『Seventeen』のトップモデルで女優の桐谷美玲が、人気タレントを数多く輩出している『2010 PARCO SWIM DRESS』のキャンペーンガールに起用されたことが18日、わかった。これまで“ゆるカワ”キャラクターで支持を得ていた彼女だが、今回はそれを封印。大胆にも“真逆”のイメージである「パワフルでセクシーな女性」をテーマに変身した。桐谷も「新しい自分に出会った感じ。(ポスターは)自分じゃないみたい!」とその出来栄えに驚いているという。

 同キャンペーンガールは、2003年の森下千里を筆頭に矢吹春奈(04)、リア・ディゾン(07)、芦名星(08)、佐々木希(09)ら芸能界で活躍する人気者が歴任。今年は“水着を着てモテにいこう!”をテーマに展開する。これまで、かわいらしい雰囲気を生かしてモデル業が活動の中心だった桐谷も、今年は映画や地上波の連続ドラマで妖艶な水商売の女性を演じるなど、徐々に活躍するフィールドが拡大してきている。

 ポスターを手掛けたアーティスト・清川あさみからは「アマゾネス」というリクエストがあり、桐谷は「私の中の最大限のアマデウスを出しました」と自信をのぞかせる。さらに「大人っぽい表情の作り方や顔の角度などを教えてもらいながら撮影したので、今までにないワイルドな私を見ていただけると思います。夏を感じてください」と新境地開拓に手応えをつかんだようだ。




関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube