中村勘太郎、将来の我が子への思い寄せる 続編『おくりびと』に向け「魂引き継ぐ」

舞台『おくりびと』の制作発表会に出席した中村勘太郎 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

舞台『おくりびと』の制作発表会に出席した中村勘太郎 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真はこちら

 歌舞伎俳優の中村勘太郎らが24日、米アカデミー賞を受賞した映画『おくりびと』の舞台制作発表会に出席した。主人公夫婦に子供が誕生しているという、映画の7年後の世界を描く続編に、中村は「映画の魂を引き継いでいいものができたら」と語気を強めた。また自身の子供の予定について報道陣から聞かれると、「全くですね。でも、家族が増えることはいいこと。父(勘三郎)が楽しみにしていますしね」と将来の我が子への思いを語った。

 国内外の映画賞を総ナメにし、本木雅弘主演で話題を呼んだ映画の7年後を描いた同作は、映画と同じく小山薫堂が脚本、久石譲が音楽を担当。上演監修には映画でメガホンを取った滝田洋二郎監督が務める。小山は「全く違うストーリーになる。映画の完成度が高かったので、舞台化は難しかった」と、その後のシナリオを用意した経緯を説明し「生きてく強さや介護の要素も入れたいと思います」と舞台に込めるメッセージを明かした。

 父をチェロ奏者と思い込んでいる息子に、自分の職業が納棺師と言い出せない小林大悟(中村)と妻・美香(田中)の夫婦愛や家族愛などを描く内容に、中村は「プレッシャー感じています。(映画に)負けないくらいの作品にしたい」。妻役を演じる田中麗奈も「2人で夫婦の絆を高めて、いいコンビネーションを作っていきたい」と意気込みを口にした。

 映画とは違い、息子とのやりとりも注目される同舞台。中村も「子供が生まれてから、というのをどう表現できればいいかなと思う。(私生活では)まだいないですし」と模索している様子。その一方、実生活での我が子の誕生を想像した中村は「家族が増えることはいいことですね」と頬を緩ませ、共演者の柄本明は「僕も孫が欲しいですね。勘三郎さんなんて、おそらくデレデレになるんじゃないかな」と“子供”の話題に華を咲かせた。

 舞台『おくりびと』は東京・赤坂ACTシアターにて5月29日(土)より6月6日(日)まで、大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!にて6月9日(水)より6月13日(日)まで、名古屋・御園座にて6月16日(水)より6月24日(木)まで上演される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事