榊英雄&榊いずみ夫妻、映画イベントで熱々2ショット

映画「誘拐ラプソディー」公開前々夜祭トーク&ライブショーに出席した榊英雄監督と榊いずみ夫妻 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画「誘拐ラプソディー」公開前々夜祭トーク&ライブショーに出席した榊英雄監督と榊いずみ夫妻 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 俳優で映画監督の榊英雄とシンガー・ソングライターの榊いずみ夫妻が1日、都内ライブハウスで開催した映画『誘拐ラプソディー』(3日公開)の公開前々夜祭に参加した。映画の撮影秘話をひとしきり熱弁した榊監督だったが、同作に元俳優・押尾学被告が出演予定だったことから「僕の作品は周囲の尽力もあって観ることができるけど、数作品は観られない状況。関わった人物も知っているので(公開を)素直に喜べない」と心境は複雑。この日は劇中の音楽を担当したいずみ夫人とのツーショット撮影にも応じ「“愛の夫婦”として載せて! 捕まって載るよりは、いいですね」と自虐ネタで観客と交流を図った。

 作品は昨春に撮影され、俳優として活動している際に面識を持った俳優・高橋克典らがキャスト陣に名を連ねたが、昨年8月の逮捕劇で暗礁に乗り上げてしまう。9月には、同被告の登場シーンをカットしたり、削れない部分は榊監督自ら出演するなどして完成へとこぎつけ、予定されていた昨年12月公開から遅れること4ヶ月、ようやく封切りを迎える。

 イベントでは、榊監督が司会をしながら主題歌「元少年の歌」を担当したフラワーカンパニーズらをゲストに迎えてトークを展開。途中では「私は捕まらない限り(映画監督を)やめません!」と宣言してみたり、子供から大人へと成長したものの相変わらず辛さや怖さを感じながら生きていく姿を歌詞に書いた同曲を挙げて「彼に届けたいと思います」と話すなどして、観客の笑いを誘っていた。




 フラワーカンパニーズ橘いずみ


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事