柳家花緑、4歳年上の一般女性と入籍「二人で明るい家庭に」

柳家花緑 

[拡大写真]

柳家花緑 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 落語家の柳家花緑(38)が12日、4歳年上の一般女性(42)と11日に入籍したと所属事務所を通じてFAXと公式サイトで発表した。さらに同日、都内で行われた司会者の故・玉置宏さんの『お別れの会』に出席し、改めて報道陣の取材に対し「おかみさんに向いているような女性。弟子の面倒見もいいんです。芸能人で似ているかたは…思いつきませんね」と苦笑いした。

 書面で「二人で明るい家庭を作り、彼女にはお内儀(かみ)さんとして、私の仕事をしっかり支えてもらい、二人で沢山のことにチャレンジしていきたいと思います」とさらなる活躍を誓った花緑。元々、自身のファンで顔見知りだったといい、昨年より交際をスタートしたが、プロポーズの時期や言葉は「それが覚えていないんですよ」。

 夏頃に入籍を予定していたが、夫人の母親が3年前の4月に亡くなったことから「彼女にとって4月というのは今まで辛い季節だったのを、この結婚で気持ちを変えて明るくなって欲しかった」ことと、花緑の母・小林喜美子さん(67)の誕生日が4月11日であることから「二人にとって新しいスタートにするため」に4月11日に入籍を早めたという。

 なお、横浜・にぎわい座で落語界の発展にも尽力した名司会者・玉置さんについては「独演会での対談が印象的。生きてらっしゃったら会って報告したかった」と故人を偲んでいた。

幸せ満載!有名人の「結婚」関連ニュース記事一覧


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事