沢村一樹、第3子誕生に向け「エロ男爵返上したい」

新ドラマ『警視庁 失踪人捜査課』(テレビ朝日系)の制作発表会見に出席した沢村一樹 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

新ドラマ『警視庁 失踪人捜査課』(テレビ朝日系)の制作発表会見に出席した沢村一樹 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の沢村一樹が13日、都内で行われた新ドラマ『警視庁 失踪人捜査課』(ABC・テレビ朝日系)の制作発表会見に出席。同日発売の一部週刊誌で今月末に第3子の男児が誕生すると報じられた沢村は、「まだいつになるかわからないけど、無事に生まれればいいなと思う」と目尻を下げ、事務所関係者も「事実です」と誕生予定を認めた。同作で演じる役柄がクールなことから「番組が終わるまでに、エロ男爵を返上したい」と“路線変更”まで飛び出した。

 作家・堂場瞬一氏の小説『警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ』(中公文庫刊)を初めてドラマ化した同作は、失踪人捜査を通して、事件の裏に隠された複雑な人間模様を描くヒューマンサスペンス。

 沢村は会見冒頭から「最後にはポロリ…いや、ホロリがあるドラマに仕上がってます」と下ネタを交えてアピール。報道陣向けに、東京・六本木ヒルズ森タワーの屋上で写真撮影したことを振り返ると、股間に目をやりながら「“沢村タワー”が元気ないので頑張ります!」とエロ男爵の名を欲しいままに笑いを誘った。

 それでも、番組のことになると「自分が大事に思う人がふといなくなったらどうしようと思いますか?」と真剣な表情。最後は「エロ男爵って言われてますけど、番組が終わるまでには(名付け親の)東野幸治さんに返上したいですね」と話したが、散々エロネタを披露したあとで説得力なく終わっていた。

 会見には、約2300人の中からオーディションを勝ち上がって選ばれた森カンナをはじめ、共演者の高畑淳子、遠藤憲一、小日向文世、黄川田将也も同席。ABC・テレビ朝日共同制作ドラマ『警視庁失踪人捜査課』は4月16日(金)より毎週金曜午後9時より放送される。

注目作が続々! 春ドラマ期待度ランキング

◆関連ニュース一覧 おめでた・出産テレビ朝日ドラマ


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube