家計の”事業仕分け”、1位「食費」、2位「光熱費」で65%超

■家計について最も仕分けたいもののグラフ

 昨年発足された鳩山政権の公約の1つとして、一般にも公開されたことで大きな話題となった”事業仕分け”。今月末に始まる第2弾を前に、自然化粧品、栄養補助食品を販売するHABA研究所の『女っぷり向上委員会』では、30〜59歳の女性を対象に「家計と美容」に関するアンケート調査を実施。『家計で、最も仕分けしたいもの(経費の見直しをしたいもの)』を聞いたところ、【食費】35.4%、続いて【光熱費】30.2%、【保険費】9.4%という結果になった。

 1位の【食費】に関しては、「工夫をすればかなり節約できると思う」(徳島県/38歳)「(使い切らずに)捨ててしまう食材がある」(大阪府/40歳)と、無駄を意識しつつも実行に移しきれていない印象がうかがえる。2位の【光熱費】は「自分のためだけでなく、エコにも協力できるから」(大阪府/49歳)、「エコを意識すれば減らせると思う」(山形県/32歳)など、努力次第で比較的容易に節約することができ、且つエコにも繋がることが重視されているようだ。また、3位の【保険費】では、「保険の見直しをすれば毎月もっと節約できると思うが、面倒でやっていない」(東京都/39歳)という意見もあり、日頃から意識をしていることを見直したい! という気持ちもあるようだ。

 その一方で、【美容関連費】は1.8%と低い数字となり、「いつまでもきれいでいたい」(福岡県/36歳)「いつまで若く見られたい」(三重県/52歳)という”女心”が、如実に表れる結果となっており、締めるところは締め、使う部分には惜しまず使うという女性の主張が垣間見える結果となった。

【調査概要】
調査時期:2010年3月26日(金)〜3月30日(火)
調査対象:合計500名(【オリコン・モニターリサーチ】会員30〜59歳の女性)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

HABA研究所





関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube