酒井美紀、第一子出産後初公の場 「寝不足の日々です」とママの顔

酒井美紀(C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

酒井美紀(C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の酒井美紀が24日、東京・六本木ヒルズで行われた途上国の子供たちを救うアートイベント『手形で「巨大な地球」を完成させよう!』オープニングセレモニーにゲストとして出席。今年3月に第一子となる男児を出産後、初の公の場登場となった酒井は「寝不足の日々です」とママとしての苦労を語りつつ、「私に似てるって周りから言われる。アゴのラインや目とか。かっこいい男の子になってくれればなぁ」と早くも“親バカ”ぶりを発揮した。

 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)の支援活動の一環として開催される同イベントは、地球に見立てた直径6mの球体に手形を押してもらい、アートを完成させるというもの。幼稚園児、小学生の生徒たちと一緒に手形を押した酒井は「女優業はちょっと先だけど、こういうイベントとか、読み聞かせとか、子供に関わることをやっていきたい」と今後の活動について語ると共に、世界では5歳の誕生日を迎える前に年間880万人の子供たちが亡くなっている現状を訴えた。そして、元気な子供たちに囲まれると「みんな、かわいいですね」と母親の顔をのぞかせた。

 男児は3580gもありビッグベビーだったことを明かした酒井は「順調にすくすく育ってます。今は1kgぐらいに増えました。夫もお風呂とかに入れてくれて助かってます」と充実の育児生活を送っている様子。報道陣から早くも親子共演を期待する声が出ると「まだ想像はできないです。俳優になりたいって言ったらどうするかな〜。でも、本人がやりたいことをやらせたいです」と我が子の将来に思いをめぐらせていた。

 同イベントは、手形1人分あたり100円の支援となり、カンボジアの赤ちゃんやお母さんを守る活動に役立てられる。酒井は2007年2月よりWVJの親善大使を務めている。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube