マキシマム ザ ホルモンのナヲが第1子女児出産を報告「将来有望な腹ぺこちゃん」

マキシマム ザ ホルモン ※左から3人目がナヲ 

[拡大写真]

マキシマム ザ ホルモン ※左から3人目がナヲ 
■その他の写真ニュースはこちら

 人気ロックバンド・マキシマム・ザ・ホルモンのドラマー・ナヲが6日午前6時1分、第1子となる3416グラムの女児を出産したと、出産わずか1時間後に自身のブログで報告した。出産数日前から何度もブログで状況を伝えており、今回も分娩台の上から「いきなりおっぱい吸いまくりで、将来有望な腹ぺこちゃんです。笑」と喜びを綴っている。

 日ごろ激しいライブパフォーマンスを展開しているナヲだけに、昨夜午後11時半過ぎに「やばいな…。多分陣痛だわ、これ。笑」と綴ってから、出産まで実に4度もブログを更新するタフネスぶりを発揮。日が変わり午前4時過ぎには「陣痛半端ねー!!!そして腹減った!!!」と余裕すらのぞかせ、「陣痛開始から7時間後、分娩台に上がってからは30分でのスピード出産でした!」と安産ぶりを報告している。

 ナヲは、同バンドのギタリスト&ボーカル・マキシマムザ亮君の実姉で、2008年12月16日付のブログで「33年間、白馬に乗った王子様を待ち続けていましたが、乗馬訓練を終え無事に迎えに来てくれましたw」と元バンドマンのピザ職人との結婚を報告。

 その後2009年9月初旬に妊娠が判明してからも音楽活動を続けていたが、11月6日のライブ後に救急車で搬送され、切迫流産のためこれ以上は母子ともに危険とドクターストップがかかりライブ活動を当面活動休止していた。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube