夏木マリが昨今の“婚活”ブームをバッサリ! 「なんで活動しなきゃいけないの?」

映画『パーマネント野ばら』のガールズトーク付き試写会に出席した(左から)菅野美穂、夏木マリ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

映画『パーマネント野ばら』のガールズトーク付き試写会に出席した(左から)菅野美穂、夏木マリ (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優の菅野美穂と夏木マリが10日、都内で行われた映画『パーマネント野ばら』の女性限定トークショーつき試写会イベントに出席。2人は“切ない大人の恋”を描いた同作にちなんでツイッターで事前募集した恋の悩みや、会場に集まった女性たちからの様々な悩みの相談に乗った。「会社での婚活ブームの流れに乗った方がいい?」という悩みに夏木は「私はナシだと思う。だいたい“婚活”って言葉が気に入らない。なんで活動しなきゃいけないの」と一刀両断してみせ、隣の菅野は熱心に聞き入っていた。

 昨今の婚活ブームに対して疑問符を投げかけ、「2年後に還暦だけど、人生を折り返してしばらく経ってからたまたまパートナーが見つかった」という夏木の話を受け、菅野は「夏木さんの話を聞くと、早い遅い関係なく1人大切な人を見つければいいんだなって思う」と集まったファンとともに共感。また世界各国を旅している菅野はこの日もキューバ帰りだといい、「1人の時間も楽しいし、旅行をオススメします。飛行機の隣になる人(男性)は誰かなっていつも気にするけど…なかなか…」と自身の恋愛に積極的な様子もうかがわせていた。

 漫画家・西原理恵子の同名漫画が原作で、2002年公開の『DOLLS』(北野武監督)以来、菅野が8年ぶりの映画主演を務める同作。海辺の町の小さな美容室「パーマネント野ばら」にひとり娘を連れて出戻ったなおこ(菅野)や、“小さな嘘を交えた恋にまつわるおしゃべり”を求めて美容室を訪れる町の人々の様子が描かれる。ほぼ全編にわたって、西原の出身地である高知県の港町で撮影され、セリフも高知弁で展開される。

 映画『パーマネント野ばら』は5月22日(土)より全国で公開。

「映画」関連インタビュー バックナンバー

取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧


 蓮井朱夏(菅野美穂)


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube