交際男性との結婚へ向けて着々 山本モナが総額1000万円のジュエリー身につけ登場

香港ジュエリーブランド『3D-Gold』の日本初上陸発表会見にゲスト出演した山本モナ (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

香港ジュエリーブランド『3D-Gold』の日本初上陸発表会見にゲスト出演した山本モナ (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 タレントの山本モナが12日、都内で行われた香港ジュエリーブランド『3D-Gold』の日本初上陸発表記者会見にゲストとして出席した。チューブトップの純白のドレスに総額1000万円にもおよぶアクセサリーを身につけて登場した山本は、今最も欲しいジュエリーを「結婚指輪か婚約指輪って答えるのが正解ですよね」と自ら答え、「年内かはわからないけど、そう遠からぬうちにそういうことになれれば」と交際中の男性とのゴールインへむけて着々と進んでいる様子をうかがわせた。

 胸元で輝きを放つ同ブランドの約450万円のネックレスを見やり、山本は「ラグジュアリーなものを身につけると気が引き締まりますね。女性らしさを思い出すというか、動きがしなやかになる。宝石をつけて気持ちよくなれるのは女子の特権」と満足げ。会見後に報道陣から自身の結婚について進展を聞かれると「新しい情報がなくてすみません。何かあったら必ず言います」と申し訳無さそうな表情を浮かべた。

 また、安全地帯の玉置浩二と交際中の青田典子について問われると、最近メールしたことを明かしつつ「知らなかった。熱い恋をしてるんじゃないかと思うと羨ましいです」。元“恋多き女”として青田へのアドバイスを求められると、恐縮しながら「青田さんの方が経験は多いと思うし、色んな男性を見てきてるから大丈夫だと思う」とエールを送っていた。

 国内でCDショップを展開するWAVEと香港の上場企業・香港資源が戦略的業務提携を行い、2010年3月に合弁会社を設立。業務提携第1弾事業として香港資源が香港、マカオ、中国本土で270店舗以上を展開するジュエリーブランド『3D-Gold』の日本市場参入を計画し、今秋に銀座に日本1号店となる旗艦店をオープンする。また国内のいくつかのWAVE店舗に『3D-Gold』の専用カウンターが設けられる。

 香港資源のケネディ・ウォン会長はインタビューに応じ、日本進出のポイントを「中国からの観光客が年々増えていて、今後も増える」と挙げ、1号店出店の地に銀座を選んだことについては「銀座は中国、香港、マカオにおいて高級だとか高品質なものを売るというイメージがある」と説明。またWAVEとの業務提携の魅力は「香港に進出し上場を考えているということ、日本市場における豊富な経験とタレント、モデルなど芸能界との深いつながり」と語っていた。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube