北川景子、主演映画で“泣き顔”女優として新境地

北川景子の“泣き顔”が心に焼きつく(C)2010「瞬」製作委員会 

[拡大写真]

北川景子の“泣き顔”が心に焼きつく(C)2010「瞬」製作委員会 
■その他の写真ニュースはこちら

 女優・北川景子が主演映画『瞬 またたき』(磯村一路監督、6月19日公開)で“泣き顔”女優としての新境地を開いた。来週から地上波でオンエア予定の同作のテレビスポットCMは、北川のさまざまな“泣き顔”の映像でつなぐ。泣き疲れて呆然した顔、声を上げて号泣する姿、悲しみにくれた表情など、北川の新たな一面が刻まれている。

 同作で北川は、交通事故で大切な恋人を失い、事故のショックで記憶を失ってしまった主人公・泉美役を熱演。役作りのためPTSD(心的外傷)についての本を読み漁り、撮影中は気持ちが入りすぎて食事ものどを通らなくなるほどだったという。

 痛ましい事故の瞬間。なぜ私だけ助かったのか?と自分を責め、生きている痛みに耐える日々。真実を知る恐怖と葛藤しながらも、恋人の最期の記憶を取り戻そうと決心する。人は様々な状況で、いろいろな“泣き方”をするものだ。同作で北川は一つ一つの“泣き”のシーンを表情豊かに演じきった。

 北川は「この映画を見て、一瞬の大切さを見て欲しい」とテレビスポットCMには自らナレーションも入れている。恋人の淳一役はドラマ、映画に引っ張りだこの若手人気俳優・岡田将生。命を賭してまでも恋人を守ることを望んだ青年を自然体で演じている。

 ※こちらのテレビスポットCMは予告編コーナーにて視聴できます。

【2010年GW 映画特集】
ハリウッドのシンデレラボーイ&ガールのコメント動画配信中

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube