中野美奈子アナ、思わぬミス連発に 「年齢と共に…ね」

フジテレビ夏の恒例イベント『お台場合衆国2010』の懇親会に浴衣姿で参加した中野美奈子アナウンサー (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

フジテレビ夏の恒例イベント『お台場合衆国2010』の懇親会に浴衣姿で参加した中野美奈子アナウンサー (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 フジテレビ恒例の夏の社屋イベント『お台場合衆国2010』のPR広報大使・合衆国エンジェルを務める中野美奈子、生野陽子、椿原慶子、山中章子アナウンサーが6日、東京・台場の同局で、同イベントで販売する「ピタパンサンドウィッチ」の試食懇親会に浴衣姿で登場した。山中アナ考案の駄菓子を盛り込んだピタパンを食し、微妙な表情を浮かべた中野アナは「凄い、これは! 椿ちゃん、やり直さない!? あ、ごめん、動揺して(山中アナと)間違えた」と呼び間違い。その後も同僚の名前を間違えるミスが続き「年齢(30歳)と共に…ね」と苦笑いを浮かべた。

 同イベントに登場する『アナ★バン!』ブースでは、中野アナらのほか、高島彩、高橋真麻、平井理央、加藤綾子アナも考えた円形のパンに具材が盛り込まれるピタパンを発売。中野アナは、白玉やあんこ、ホイップクリームなどを入れた「美奈子のしあわせ三段重ねピタパン」を「これを食べると誰でも幸せになれる」と、今年3月に結婚した幸せをのぞかせつつ猛アピールした。

 “ダメ出し”された山中アナの駄菓子ピタパンを、それぞれが最後に試食する場面では、椿原&生野両アナは「お腹いっぱいになってきた」と遠まわしに拒否反応。中野アナも「ピタパンに駄菓子を入れる必要なくない?」とツッコミを浴びせ、集まった記者の感想もイマイチだった。それにも屈せず山中アナは「200円ですし、幅広く食べてもらいたい。意外な組み合わせなんで!」と呼びかけた。

 また翌日の七夕に引っ掛けて中野アナは「同期の中村(仁美)アナが幸せになりますように。インターネットでパワースポットを探していたので」と願い“幸せのおすそ分け”に務めていた。『お台場合衆国2010 〜笑うBayには福きたる!!〜』は7月17日(土)より8月31日(火)まで開催。


 Early Morning


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事