海老蔵&麻央、成田山新勝寺で結婚奉告参詣

結婚奉告のため成田山新勝寺を参詣した市川海老蔵&小林麻央夫妻 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

結婚奉告のため成田山新勝寺を参詣した市川海老蔵&小林麻央夫妻 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 今月29日に都内のホテルで結婚式を行う歌舞伎俳優・市川海老蔵と、フリーアナウンサーの小林麻央が9日、千葉・成田山新勝寺で結婚奉告参詣を行った。多くの参拝客や130人以上の報道陣に見守られるなか2人は、沿道から投げかけられる声援に頭を下げたり手を振るなどしてこたえた。奉告式後には海老蔵が「これからは横にいる麻央も(市川宗家の)一員として加わります。今後ともよろしくお願いします」と感謝の弁。駆けつけた小泉一成・成田市長は「整いました!」と“謎かけ”で祝福し、同日に初日を迎えた祇園祭と、麻央の手料理を掛け合わせ「よいダシ(山車)が出る!」と解き歓声を浴びた。

 海老蔵の屋号が“成田屋”として知られているように、同寺は江戸元禄以来、市川宗家と不動尊信仰の絆で結ばれた縁から、現在も交流を続けている。その関係から今回の同寺での参詣が実現した。午後12時半、信徒会館前を出発した2人は、列奉行らと細長い列になって境内を練り歩きだした。道の両側から「成田屋!」「麻央ちゃん!」などと声が飛ぶと、最初は固い表情だった2人も徐々に笑みをこぼすなど、お祝いムードに包まれた。

 紋付袴姿の海老蔵と黄色の着物姿の麻央は大本堂に到着後、大護摩供に参加。終了すると、参拝客らの前に設置された大絵馬に名前を入れて奉納した。拍手を浴びた海老蔵は「私、市川海老蔵と麻央の結婚奉告をさせて頂き、このように温かくお迎え頂いて感謝しています。(新勝寺との)深い縁に対してありがたく思っております」と語った。

 絵馬へ署名する際、司会者から“若奥さま”と紹介された麻央も、落ち着いた表情で「こんにちは、麻央です!今日は、縁のあるこの場所で声をかけて頂いて、身の引き締まる思いです。今後ともどうぞよろしくお願いします」と話していた。


幸せ満載!その他の「結婚」ニュースもチェック


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube